JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

無理な相談かもしれません、私は長野県にある製造業の孫会社に在籍しており約2年前に会社の同僚へのセクハラにて警察より警告を受け会社より降格・移動の処分を受けその前後より現在まで休養中

質問者の質問

無理な相談かもしれません、私は長野県にある製造業の孫会社に在籍しており約2年前に会社の同僚へのセクハラにて警察より警告を受け会社より降格・移動の処分を受けその前後より現在まで休養中にて心療内科へ通院しております、それと関連すると私は考えていることで会社とは処分を受ける4年ほど前より私自身がパワハラと考えることが度々受けることがあり約1年ほど前より労災申請について会社と2ヶ月に1度間隔で面談話合いをしている状況になります、労災申請と会社の処分の軽減・取消の是非についてご相談いたしたくご連絡いたしました、下記にとりあえずの内容を記載します。


《同僚へのセクハラ内容》
(警察からの警告書・会社からの制裁書類有)
①メールにて居場所の指摘や卑猥な内容を送る
②週に2回程度自宅に前を車にて通る


《会社に提出の労災申請内容》
 ~私はA社へ完全買収する以前の代理店B社からの社員であり当時は十数名在籍の会社でした、~A社100%子会社の C社になった後も2002年までは業務規模は変わらず、2003年にはグループ会社より一部合併・出向者などの受け入れがあり業務の拡大などで約120名までの規模になり取締以下部長課長のほとんどは出向者という状況になります、100%子会社になった1999年直後は規約も書類なども独自で不整備なところもあり、当時は親会社からの出向者などと待遇は同じである・県外への異動はないなど取締役などの出向者から口答で確認しておりましたが、徐々に確認した内容が規模拡大・人員が多様になるにつれ疎かになっている様に感じ、前会社からの社員がプロパーと呼ばれながら特に昇進遅かったこともあり、合併数年後の2007年2月の社長面談時にその内容を伝え、私が主体になり労働組合の連合長野とも連絡を取りC社社員採用者(約30名)による労働組合を作るべく動き出しました、その後親会社の労働組合の関与もあり2年程関与した後私自身が異動などにより多忙になり途中離脱したため労働組合でなく社員会になったのか活動内容の現状況は不明になります。
 私の仕事内容は会計事務所や企業の総務経理関連ソフト及び機器などの販売営業・サポート・サービス一連の業務に前身の会社より15年以上従事し担当地域も当初北信地域のみから東北信全体になるなどその後は担当地区はそのまま勤務地が2009年3月までは長野営業所その年の4月以降は松本本社に異動になっています。
 会社内での本来の仕事以外で度々上司よりのパワーハラスメントを感じる出来事があり、2007年10月長野営業所の立体駐車場の鉄柱に社有車を擦り破損したときは、直接の上司に報告後、はじめて相対し話をする管理部の課長より電話口ではあるが連絡が遅いとの理由で必要以上に怒鳴り散らされたことがあり、管理課長周辺にいた人も対応に違和感を感じたと後日管理部長より謝罪あったことが最初になります、その後2008年3月には長野営業所の所長より事務所内の机の位置などのレイアウト変更を行うということで打ち合わせがあり、同じ部の人間が多数いて仕事の関わりがあるにもかかわらず他の者は部毎の纏まって配置 されたところ 私一人のみ入り口の付近に机を移す提案を受けたまま半月以上放置されたり(連合長野や親会社の労組に連絡)、そのことと関わりがあるのかわかりませんが同僚より2007年1月より4年にわたりすれ違う度の回避行動(無視に相当する行為と感じる)など不合理な状況が延々と療養休暇の間際まで続いていた、同じ同僚による2007年に2月には休出出勤時のユーザー先を個人の車で通る監視行動などもあった、2009年4月に所属するシステム営業部の長野営業所メンバー5名が松本本社に異動になった状況での送別会でも慣例であるカンパによる記念品贈呈などを行うが私のみ渡されないなど出向者の上司が同席の上でそれが行われた。異動後も自宅は長野市であり担当地域も東北信地域にて直行直帰も多い為、異動する5名の机のうち4名は本社へ移動し私の机は出張者の机としてその後も長野営業所で使用していたが知らされないまま机が撤去されていたりと幾度となく嫌がらせを受けた。
 2008年と2009年の夏には当時の社内の保健婦さんとの面談にて私からは上記内容について何も話はしていませんでしたがメンタル系のいい先生を紹介するとの話を伺っておりました、しかし休業に至るまでは実際の診察は受けておりません。
 休職に至った直前の要因となったのは前述した回避行動をしていた同僚への私自身によるセクシャルハラスメント行為(警察から迷惑防止条例による警告を受ける)により会社より処分を受けることになる(2010年4月30日)が、その過程にて当初取締役と当該部課長及び管理部部課長の8名のみの緘口令をしている旨直属の上司からの連絡があり安堵していたが処分が下される約2ヶ月の間に同僚数人にそのことを指摘されるなど情報漏洩・当初の連絡事項の反故があり、それにより過度に体調を崩し出社できなくなる、出向者による漏洩は見せしめに相当し会社による処分の方法(欠席裁判)・内容(降格・減給・移動)にも納得はできず、何卒慎重なご確認をお願い致します。~


 先月29日に会社との面談がありそのときは申請内容の当事者3名とはヒアリング行ったがその他の当事者は親会社の判断でヒアリングを行わないことになったと言われました。

 文章わかりにくいかもしれません、少し複雑なので毎週週の前半の午後でしたら伺い詳細お話にてご相談にのっていただくことも可能です、恥ずかしい話にて何卒宜しくお願い致します、末筆にて失礼しました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

 

処分の軽減・取消しについてですが、貴方のセクハラ行為が対象になっているということでしょうか?

 

実際に貴方がセクハラ行為について認めているのでしょうか?

 

貴方がセクハラ行為を認めており、会社の就業規則の制裁に関する事項に貴方の行為が制裁に該当する行為とあれば、処分の取り消しは難しいと考えます。

 

貴方の言い分としては、セクハラを行ったのは上司や同僚からのいじめ等によるパワハラが原因でセクハラ行為をしたということでしょうか?

 

実際にそうであれば、情状酌量で処分の軽減はあり得るかもしれませんが、それを決めるのは会社の裁量になると考えます。

 

労災申請については、厚生労働省で「心理的負荷による精神障害の労災認定基準」が出されています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z3zj.html

 

労災認定するのは会社ではなく、労働基準監督署長が決定するため、主治医と相談して、可能性があるのであれば、申請してみたほうがいいと考えます。

 

会社が申請に協力してくれなくとも申請は自分ですることは可能なので、手続きは労働基準監督署で相談してみてください。

 

このサイトでは、質問者と直接会ったり連絡を取ることは禁止されていますので、直接相談をされたいのであれば、法テラス等に一度相談してみてください。

http://www.houterasu.or.jp/

 

雇用・労働 についての関連する質問