JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

介護事業〔デイサービス〕を経営する者ですが、雇用問題のことでお尋ねいたします。ある日の朝、管理者として勤める人に利用

質問者の質問

介護事業〔デイサービス〕を経営する者ですが、雇用問題のことでお尋ねいたします。ある日の朝、管理者として勤める人に利用者が休まれた時は代わりの日を利用することには出来ないかケアマネさんと相談して欲しいと話すうちに激怒して業務を放り出しさっさと帰ってしまいました。その後当日に労働基準局へあっせん申請を出したり、少し経ってから内容証明の文章を送ってきたりファックスも度々ありました。また留守電話をして来たり法務局、市役所、県民局、ハローワーク、等に自分から辞めると言って帰ってしまったのに 違う事を言ってあの手この手でいろいろな事をして困っております。結局裁判所に申し立てをして1回目の調停の話がありました。私達は間違った事を言ってないので弁護士さんにお願いしておりません。自己都合による退職として離職表を提出したにもかかわらず窓口で解雇に変えてもらって失業給付を受け取っているので、それも間違ったことを言って受給したのか不明です。この様な調停では雇用している側が不利と聞いていますが、実際自分から辞めると言って職場放棄していても会社に責任があるでしょうか?お答えをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
業務を放り出して帰ってしまいましたとありますが、その後出社することもなくこれまで来ているということでしょうか。

自分から辞めると言って帰ってしまったようでうが、退職届などを書面で貰っていますでしょうか。

出社しないことに対して督促や懲戒処分をされたでしょうか。

残念ですが、労働者の方が立場が弱いため法律では強く守られています。
そのた め、退職届などを貰っていない場合には不当解雇を訴えられる可能性も高くまた、会社としてそれを反証する材料もありません。

就業規則はありますか。
業務を放り出して無断欠勤を続けている場合に懲戒処分や、解雇をするためには、就業規則に根拠となる条文が必要となります。

これらがない場合には、客観的合理性を欠き社会通念上相当であると認められず、その権利を濫用とされてしまいます。

就業規則に定めがあれば、就業規則に基づいて○日以上出勤しない場合には自然退職としたり、懲戒処分を積み重ねても改善の余地が見られないとして解雇することも可能なります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
退職届は書いていないです。自分では書かないとのことです。督促や懲戒処分もしていません。就業規則はありますが1訓戒2減給3出勤停止4懲戒解雇を定めていますが、4の内重要な経歴を偽り採用された時とか故意または重過失により災害または営業上の事故を発生させ、会社に重大な損害を与えたときまた前各号に準ずる程度の不都合な行為を行ったときに懲戒解雇に処するとありますが、情状に よっては通常の解雇または減給若しくは出勤停止にとどめることがある。以上の内容です。本人は始末書を書いて元の職場に戻る意思があるとは思えない行動ばかりです。以前の職場でも同じ様な事でお金を貰っており、こうすればお金が取れると計画的に行動をおこしていると思います。策略にはまるのはあまりにも愚かなことになり本人もこの事実を繰り返していく馬鹿馬鹿しさに気付かせてあげることこそ大切であると思うのですが如何でしょうか。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうですね。あなたがおっしゃることは至極正論だと思います。
以前の職場でもおな異常な事でお金を貰っていたというのは、確信犯であるに違 いありません。

本来であれば、浅はかな行動は慎むよう警告の意味も踏まえて対応したところですが、退職届をもらっていない。会社として督促や懲戒処分もしていないという事であれば、仮に裁判などで争った場合に圧倒的に会社側が不利な立場に追い込まれるでしょう。

裁判まで行くかどうか分かりませんが、その場合に伴う弁護士費用等の出費、裁判にかける時間などを考慮するとその前で手を打つことが会社にとっての負担が少ないように思います。

このような策略が通用しないということを相手に示すためには、就業規則の整備や実態に即した運用、退職届を必ずもらうなどある程度の手間を掛けなければなりません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今月15日に2回目の調停があります。その時雇用保険の受け取りについて解雇にはなっていないのでどんな理由で受け取ったのかを問いただすつもりです。また意地になって退職届は書きませんと言っていますので退職の意思 表示となる客観的資料をどうするのかが分からず困っている状態です。申立人は過呼吸症候群で8回程救急車をお願いしています。職場の同僚も協力して業務をやってくれていますが、その様な状況からも本当に無理な中経営できたのだと皆に感謝しています。そして申立人は利用者を増やしたのだからと余計働く場を奪われたかのようにいいますが、もっと大変な転倒事故をおこしているにもかかわらず裁判所で当たり前のように嘘をつき続けることの恐ろしさが分からないのにとても困っている状態です。確たる客観的資料はないものかと考えます。就業規則も今度は提出してみます。私たちの誠意がなんとしても通じる努力をしていこうと覚悟する次第です。今一度これという決め所をご指示頂ければ幸いに思います。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
残念ですが会社にとって非常に不利な状況です。

正直申し上げて、このようなケースで会社の言い分が認められることは非常に難しいでしょう。そのため解決のためにある程度の金銭負担をする必要があると思います。

退職の意思表示となる客観的資料が退職 届なのでそれがない場合には、相手が無断で会社に来なくなったとして経緯を示すべきでしょう。メールや電話で出社を督促したが出社に応じなかった。とするしかありません。

あとは、日常の行動について懲戒のケースにあたるようなことを細かく記しておきましょう。

採用にあたり過呼吸症候群ということは確認された上で、運転をさせていたのでしょうか。事実を隠していたというのであれば、その旨も相手側には不利な要件となると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

自分から辞めると公言をきっておきながら平気で一杯嘘を言いふらすこ とが裁判によってさとす場所にならないのは何故でしょうか。退職の言葉がでているのに退職の書類を書かないだけで証明したことにならないのでしょうか。大きな声で辞めるといい引き止めるのも聞かず周囲に迷惑をかけたまま黙って申し立て人の言い分が通るのは許しがたい思いで一杯です。多額の損害賠償を答弁書に出させてもらいました。逆提訴する手立てはあるのでしょか。すべて嘘で固め押し通す非情なやり方に憤慨しております。ただ働く立場と経営する立場のちがいはあっても人として常識のある心救われる生き方を示したいと一生懸命訴える気持ちです。あらゆる手段を試みて必ず嘘はいけないことだと分かってもらえるまであきらめず頑張る気持ちでいます。就業規則、ハローワークでのやり取り、基準局では問題にされなかった過去の人間関係問題〔申立人がいじめにあったと訴えたが問題にならず取り下げられました。1笑に付された出来事です。)他にも客観的データーがあればインターネットからも引用して資料として提示する予定です。JUSTANSWERより参考資料になることがあればお教え頂ければ出させていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
返答しましたの欄は質問した内容なのですが、お答えを待っておりますのでよろしくお願いします。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
嘘はいけないことだと分かってもらえるまであきらめず頑張る気持ちとの思いは、大変素晴らしいお考えだと思い ますし頑張って頂きたいとは思います。しかし現実には少なくも裁判などの場では、客観的な資料、証人などが必要となります。

言葉は悪いですが、会社が身銭を切って相手の嘘を暴いたところで、労働法は圧倒的に労働者側に有利に作られていますので、実質的には得るもの(特に金銭的に)が少ないように思います。

逆提訴などお考えであれば、尚更弁護士などの専門家に依頼するべきだと思います。少なくも今後の行方を見る意味でも相談されてはいかがでしょうか。

雇用・労働 についての関連する質問