JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

病棟で看護師をしています。 6日連続出勤で、日勤、当直(16:30~翌日9時)、半日、日勤、日勤。 解りずらいか

解決済みの質問:

病棟で看護師をしています。
6日連続出勤で、日勤、当直(16:30~翌日9時)、半日、日勤、日勤。
解りずらいかもしれませんが日勤・当直・半日出勤・日勤・日勤・
一日休みで又、同じサイクル6日間が始まります。

体が壊れそうですが こんな過酷な勤務は看護師になって初めてです。
これは労働基準に反してないのでしょう。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
使用者は、適性な労働条件を確保し、いわゆる過労死などを防止する配慮義務を負っています。
あくまでも法律では原則として1日8時間、1週間でも40時間と定めのられていますからそれを超えて働くためには、従業 員と時間外労使協定を結ぶ必要があります。
もっともいくら時間外労使協定を定めているからと言ってもいくらでも時間外労働をさせることが可能な訳ではありません。
貴方が言われるように労働基準法に違反している可能性が高いでしょう。
解決方法としては、労働基準監督署へ実態を相談することで病院へ指導に入ってもらう方法があります。
出退勤時間が分かるものタイムカードやメモ書きなどと給与明細等を持参して匿名で相談することも可能です。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問