JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

24時間365日の業務を8名(7名+日勤パート1名)で日勤・準夜勤・夜勤の3交代制で回している職場に勤務しています。

質問者の質問

24時間365日の業務を8名(7名+日勤パート1名)で日勤・準夜勤・夜勤の3交代制で回している職場に勤務しています。
来たる4月1日から1名が育児休 業を終えて復職してくるのですが、保育園の都合で『シフトは日勤のみ・日祝休み』を希望し、会社は承諾する方向で調整中。その影響でほかのメンバーはほぼ準夜勤or夜勤ばかりの勤務となります。雇入通知書には3パターン(○時~○時まで)のシフト制とあるだけで、割合まで明示されているわけではないので、契約内容と著しく逸脱すると言いきれない部分もあるかもしれませんが、私たちはこれを受け入れなくてはいけないのでしょうか?
出産や育児を理由にした不当解雇や雇用条件の変更はしてはならないという法令を尊重してのこととは理解できるのですが、実際現場はつらいものがあります。会社からはまだ何の相談もありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
少人数で業務を回しているので、保育園の都合を持ちだされてしまうと他の社員の方には、しわ寄せがされるのは困った問題ですね。

あなたが言われるように出産や育児を理由に不当解雇や労働条件を不利益に変更することは法律で禁止されています。

ただあなた方にとっても当初の労働契約がある訳ですから日勤中心だったのが夜勤中心になる場合には、 労働条件の不利益変更に当たることになります。そして労働条件の不利益変更については、少なくも本人の合意が必要となります。

育児休業から復帰される方によって残りの全員が労働条件の不利益変更に当たる可能性が有るわけですから、皆さん不利益が特定の方に収集しないよう会社とよく話し合われたらよろしいかと思います。

シフトの調整や夜間の時給UPなど会社と相談されたらどうでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

話し合い…やはりそれしかないのでしょうね。会社には私を含め3名が何度かメールや口頭で説明を求めていますが、「まだまったく未定なのでもう少し待って」というばかり。上司も忙しいといって(実際出張など不在も多く、連日深夜まで残業しています)捕まえられません。このままでは更新直前になって承服できない内容を突き付け、期日も押し迫ってるので納得してくれと言って来そうな気がしています。

納得できないから辞めるか?という話にまで発展しそうです。今いる1名のパートさんも元々は昼夜働ける私たちと同じ条件の方でしたが、お母様の介護のため日勤 パートになり、結果私たちの負担がやや増えました。そしてまた今度の件を受け入れれば、ますます厳しくなります。年齢は様々ですが皆女性で家庭の主婦もいます。夜はなるべく家族と過ごしたいのです。賃金が上がればいいというものでもなく、当初の条件通り昼と夜のバランスのよいシフトにしてもらいたいだけなのですが…なぜ24時間対応の託児所に預けてくれないのか、復職する彼女のわがままも否めません。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
話し合うしかないというのはわかっていたことなので・・・。ではどういう話し合いの持っていきかたをすればよいか、どう投げかければ優位に話し合いがすすめられそうか?などのアドバイスが欲しかったのですが。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
もともと同じような労働条件とのことなら、「更新直前になって承服できない内容を突き付け、期日も押し迫ってるので納得してくれ」と他の方へのしわ寄せをしてきても、それは労働条件の不利益変更となりからまずは会社からそのような条件を提示されても同意しないことです。
会社へ説明を求めても忙しいと埒があかないとのことであれば、第三者に間に入ってもらう方法もあります。 労働基準監督などに総合労働相談コーナーがあります。こちらでは、労使のトラブルに対して都道府県労働局長の助言・指導を受けることができます。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ちょっと整理してお考え下さい。 あなたの希望は育児休業から復帰する社員によって会社からシフトのしわ寄せを受けるということを避け たいということだと思います。
つまりあなたの労働条件が不利益に変更されるのであれば、法律上では同意が必要だということをご説明しています。
あとは夜勤や準夜勤のシフトで足りない部分をどのように埋め合わせるのか、例えば時給をUPするか補充採用をするのか、を考えるのは会社の仕事ですからあなたは法律上の権利を要求すれば良いだけと思います。
夜勤に入る人がいなければ会社が困るや育児休業から復帰する方のことを考える必要も無いわけです。

雇用・労働 についての関連する質問