JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

アルバイトで働いているものです。 面接・入社当初、週3・4日程度の勤務ということで7名で働き始めました。 1日4

質問者の質問

アルバイトで働いているものです。
面接・入社当初、週3・4日程度の勤務ということで7名で働き始めました。
1日4名出勤と決められておりました。
数ヵ月後、1名が別の時間帯に移り6名で今までシフトを組んできました。
そのことで、週5日勤務のものが増えました。

しかし、今月中に1名が辞め、5名になります。
新しく求人をして欲しいとずっと前から言っておりましたが、
今後も5名でシフトを回すようにと言われました。

それでは休みが取れなくなると言うと、時々3名出勤の日を作ればいいと言われました。
4名必要だと言われていたのにも関わらず、3名では仕事が大変にもなります。

他の部署の人の中には、自分から辞めますと言うまで、皆の前で怒鳴り続けられたり、
有給休暇は与えられているのに、申請しても却下されたりしたと聞きました。
それなのに、社員達は有給休暇を何日も取っていると聞きました。

支社の所長クラスの方がそのようにしています。
人件費削減したいのは分かりますが、あまりにも横暴なのではないかと
疑問に思い、ご相談させて頂きました。

何か改善できるアドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

貴方の入社当初の勤務日数は週3,4日とのことですが、1日の就業時間は何時間の労働条件だったのでしょうか?

 

労働基準法では労働時間については一部の例外を除いて1日8時間、週40時間と定められています。

 

また、1日8時間、週40時間を越えた場合でも労使協定を労働基準監督署に届出してあり、超えた分については、割増賃金を支払っていれば、違法ではありません。

 

休日についても週1日以上または4週間に4日以上の休日が確保されていれば違法ではありません。

 

有給休暇については、基本的に会社は拒否することはできないため、拒否することは違法である可能性が高いと考えます。

 

また、「自分から辞めますと言うまで、皆の前で怒鳴り続けられたり」とありますが、これも違法な退職強要である可能性が高いと考えます。

 

所長クラスがそのような行為をしているのであれば、この会社はおそらく何か大きな事故でもない限り、会社が進んで改善することは難しいと思われます。

 

貴方の信頼できる所長より上の上司の方がいれば、その方に相談するのが先決だと思います。

 

もう一つの方法としては、同じ思いをしている同僚等と複数で改善を求めてみることです。

一人よりは複数のが効果はあると考えます。

 

明らかな法違反があれば、労働基準監督署に相談するのも一つの方法ですが、現状では法違反かどうか分からない点が多いため、難しいのではないかと考えます。

 

内部での解決が難しければ労働局のあっせん制度を利用する方法もありますが、会社との関係が悪くなる可能性が高いので難しいかもしれません。

 

貴方は労働時間が長くなった分、雇用保険や健康・厚生年金保険は加入していますか?

雇用保険は週20時間以上、健康・厚生年金保険は正社員の4分の3以上の勤務日数、勤務時間であれば、強制加入となります。

 

社会保険等に加入すると、会社にも保険料負担があるため、時間を短くして働くほうが会社にとってもいいのではないかということを材料に新たな雇用をお願いしてみるのも一つの方法だと考えます。

雇用・労働 についての関連する質問