JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

退職が可能かどうかについてお尋ねします。現在、正社員として事業所に勤めています。退職したいと考え、平成24年2月29

解決済みの質問:

退職が可能かどうかについてお尋ねします。現在、正社員として事業所に勤めています。退職したいと考え、平成24年2月29日水曜日残業をしていたためPM9時過ぎになってしまったのですが、部長に連絡を取り、3月31日をもって退職したいと考えていることを伝えました。会社の就業規則では「1か月前までに申し出る」となっています。現在、部長と話し合いを行っているところですが、私は民法第627条にもあるように退職は可能だと思っているのですが、本当に退職することは可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
正社員の方が退職するとのことであれば、あなたがおっしゃるとおり民法627上により、原則として2週間前の予告をすることにより退職は可能となります。民法627条は、労働者の不利益に変更することができない強行法規です。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

もう少しわかりやすいニュアンスで説明してほしいです。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
分かり易く言うと
本来退職などの労働契約は労働者と使用者(会社)が合意することによって成立しますが、退職の場合は、民法627条によって会社が退職することを合意したかどうかを問わずに適用される(つまり退職となる)訳です。

雇用・労働 についての関連する質問