JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

こんにちは、はじめまして。 平成24年3月31日で現在の職場を、私事都合で退職するのですが、有給が15日余っていま

解決済みの質問:

こんにちは、はじめまして。
平成24年3月31日で現在の職場を、私事都合で退職するのですが、有給が15日余っています。
直属の上司に有給を消化して退職したいと申し出ましたが、6ヶ月前に退職をしたい意向を言ってこなかったとの理由で、有給を使うことは出来ないと言われました。(会社の規約では、退職したい場合は3ヶ月前までには申し出るようにと決まっています。平成23年12月初旬に退職したいと言いました。)
その上の上司にも相談しましたが、直属の上司と相談してくださいと言われ、返されました。
有給を使って休暇をとることは諦めなければいけませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
有給休暇は、本来労働者が請求することによりその権利を行使することができます。
これに対して使用者側は、請求された時季に年休を付与することが事業の正常な運営を妨げる場合に限って時季変更権を行使することができます 。

しかし時季変更権の行使とは単に請求日に取れなかった年休を別の日に取ることができなければなりません。

つまり退職までの日について年休を請求した場合には、仮に事業の正常な運営を妨げる場合であっても使用者は時期変更権を行使することが出来ません。

多少強引な方法ですが、書面で年休の申請をしてあとは休んでしまっても会社はそれを認めないというのは、労働基準法違反に該当する訳です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

最後に言われたように、少し強引ではありますが、書類を提出して休むことも出来るかもしれません。

しかし、少し心配なことがありまして。次の職場も同じ業界(医療系)なので、今後トラブル(私の変な噂が流れる、病院同士がもめる等)が次の職場でおきないか不安で。

他に、方法はありませんか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうですね。同じ業界だと今後のことも不安でしょうね。
そうなると選択肢は会社と交渉するか諦めるかでしょうか。

年休を認めないのは、労働基準法第39条違反な ので労働基準監督署へ相談するつもりだと話をするか、あるいは年休の取得は諦めるので15日分については会社で買い上げをして欲しいと交渉するという方法もあります。

年休の買い上げは本来、法律では認められていませんが、退職時に限って認められます。買取額については、決まりがありませんから、会社と相談して多少でも認めてもらったらいかがでしょうか。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問