JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

初めまして。 正社員(東京本社)として採用される前に、一ヶ月間店舗での実地研修がある為に、神奈川県で働いておりまし

質問者の質問

初めまして。
正社員(東京本 社)として採用される前に、一ヶ月間店舗での実地研修がある為に、神奈川県で働いておりました(住まいは会社の寮)。その後、正社員採用が決まったので、手続きするだけですといわれ、東京に転居しました(もとは静岡だったのですが、東京本社に現地採用なので費用は自己負担)。その後、採用手続きは進まず、アルバイトのままでしたが、トラブルに巻き込まれて3週間程休職を強要されました。担当の上司は正社員での復職を約束してくれたのですが、一ヶ月半たっても進展が無く、催促すると、もう二カ月アルバイトでしかも勤務は地元静岡で、転居費用は自己負担というものでした。今回質問したい点は、休業期間の補償と転居費用の請求についてです。
実際に静岡ではたらく事は現状の自分の希望にも叶っているのですが、前述の二点を会社が支払いを拒絶している為に、進展していない状況です。
どの様に打開すればよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
トラブルに巻き込まれて3週間程休職を強要されたとのことですが、それはあなた側の都合というのではなく、会社側の都合ということでしょうか。

会社の都合によって休職をしたということであれば、原則として全額請求することが可能です。(民法536条第2項)また労働基準法第26条においても会社は休職期間中の平均賃金の6割以上の手当をしはらわなければならないとされています。そのため最低でも6割以上の支払い義 務はあります。

また転居費用についてですが、こちらはそもそも採用が東京限定などではなく就業規則等に転勤の記載がされている場合には、その必要性、合理性などがない場合には、転勤を断ることもできるでしょう。

もっともあなたの地元が静岡で働くことも希望しているというのであれば特に不当とまで言い切るのは、難しいかもしれません。

一方転勤に関わる費用については、会社が負担する義務はありません。そのため転勤費用の請求については難しいと考えます。

雇用・労働 についての関連する質問