JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

はじめて質問させていただきます。この度転職をすることになりました。転職先は今現在勤めている会社から派遣と

解決済みの質問:

はじめて質問させていただきます。 この度転職をすることになりました。 転職先は今現在勤めている会社から派遣として来ている会社です。 転職先の会社へは、きちんとした手順を踏まえての面接や経歴書の精査で 就職が決まりました。 勤めている会社の社長からは、転職先を教えなさいという事を言われており、 就職が決まった日に連絡をしたところ、「訴える」と言ってきまし た。 「引き抜き」、「業務延長になった場合の収入」、私自身が業務を行う上での 教育に費やした費用諸々を考えての事だ、という事です。 業務延長となった場合の収入や教育にかかった費用は私も重々承知しているところです。 が、「訴える」と言われた時に正直どうしてよいかわからなくなってしまいました。 私はどうすればよいのでしょうか…。ご意見をお聞かせいただければと思います。

なお、会社で作成した誓約書にはサインしました。

規約では1年間競合企業に就職しないとの事でしたが、内容を

開示すれば黙認すると言っていたのですが(これはメールにて

受け取っています)、開示したとたん正式採用するといわれて

しまいました。


本当に、どうすればよいのでしょうか…。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

この度はご利用頂き感謝しております。

 

基本的には派遣社員である貴方にも憲法上認められた職業選択の自由が当然ありますので、直ちに違法ということにはなりません。労働者派遣法第33条でも、派遣元会社はその雇用する派遣労働者や派遣先会社との間で、正当な理由がなく、派遣労働者を派遣元事業主との雇用関係の終了後雇用することを禁ずる旨の契約を締結してはならないと定められていますので、派遣期間終了後であれば派遣先と雇用契約を結ぶことは可能といえます。

 

但し、貴方の派遣契約期間が未だ残っているとしますと、派遣先会社は派遣契約への違反行為になりますし、貴方の場合には有期雇用契約への違反行為となりますので、派遣元へ事前に話もせずに派遣先と貴方だけで雇用契約を結んだのであれば損害賠償を求めて訴えられる可能性は高いでしょう。

 

また、契約期間終了後における転職であっても、貴方が派遣元において他社では得られないような特殊なスキル等を習得していたとしますと、派遣契約等の内容にもよりますが派遣先との雇用制限が認められる場合もございます。

 

対応としましては、訴えると言われていることからも派遣元会社から具体的な要求があるならば出してもらい、貴方自身受け入れられるような内容であればお世話になった会社でもありますので前向きに検討された方がよいでしょう。特に契約期間途中であれば訴訟になりますと恐らく不利になりますので慎重な対応が求められます。そうしたことも含めまして判断に困るようであれば、まずはお近くのハローワークにご相談されるか、先方が強硬姿勢で訴訟になりそうな気配でしたら労働問題に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。

新しい職場では、3月1日から勤務という事になっています。
すぐに職場へ出る事を望んでいた為、2/27に面接を行い28に正式に採用という形になりました。

そういった場合でも、だめなのでしょうか?
こういってしまうと元も子もないかもしれませんが、今の職場で業務を行いながら次の派遣先へ
面接を行うといったことは常でした。

転職とは勝手が違うためその意味も違ってくるかもしれませんが…。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

こちらこそご返事頂き大変感謝しております。

 

新しい職場で早急に勤務が必要となったということだったのですね‥

 

ご事情としましては理解出来ましたが、この度に限りましては単に派遣先が変わるのではなく明白な転職になります。そうしますと、派遣元会社には派遣料金が入らないだけでなく、貴方という貴重な人材を今後ずっと失うことになるわけです。

 

従いまして、そうした派遣元会社への配慮も一職業人としましては行われるべきというのが道義的なあり方と感じます。ここは先方が感情的になっているとしましても冷静に対処し、少なくとも話に耳を傾けることは必要といえるでしょう。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございました。

そうですね…。自分でまいた種でもありますので、相手はかなり感情的になってしまっていますが、冷静になって対処していこうと思います。

お忙しい中、回答していただきありがとうございました。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

こちらこそご理解頂きまして嬉しい限りです。

 

ご認識の通り貴方が冷静かつ誠意を持って事に当たられることで円満に解決されることを心より願っております。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問