JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

精神科の看護師をしています30歳の男性です。3月一杯勤めをもって退職をしたく退職願いを提出しましたが、退職の理由が1

質問者の質問

精神科の看護師をしています30歳の男性です。3月一杯勤めをもって退職をしたく退職願いを提出しましたが、退職の理由が1年程かけて世界中を旅したく仕事を退職することにしましたが、仕事の転職ではなく、あまり人がやらない旅のため、いい年をしてとか、何故旅に出るのかなどしつこく問われ、また、2年程前に患者様が暴れたとき静止の際暴力をしてしまい、以後看護課の上司(看護部長)と共に患者様に謝罪を入れ承諾していただき和解しておりますが、退 職届けを提出したおり上司よりあの時面倒を見てやつた、本来なら刑事事件になってもおかしくないといわれ、用は義理があるのに退職するつもりかと言うような話方でした。そして会談が長く続きましたが、私の退職の意思が変わらないと、興奮して大声で俺を殴ったら退職させてやると怒鳴り、それに対しても冷静に話を聞き反応しない私ほ姿を見て、退職は許さんぞと声を張り上げ退職願を破ってしまいました。会談中は冷静に対応したのですが、上司は言いたい放題で罵声を発していました。会談には上位以外に私の職場の上司と、経営者が居りましたが上司が罵声を張り上げている緩和と特に発言なく聞いて見えました。経営者の話は冷静に対応して頂き私の心中は理解されたで、最終的には退職出来るようですが、ただ、上司(看護部長)より屈辱的な態度で罵声を上げられ精神的な屈辱を受けました。このままでは納得できません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

確かに貴方の上司の行為は尋常ではなく、退職をさせないことを強要している行為であると考えます。

 

貴方が納得できないこともわかりますが、上司に対してなにを要求していくのかになります。

 

退職のほうは理解され、できるようなので貴方の望みはかなうようです。

 

あとは上司に対しての要求は、次のことが考えられます。

 

① 病院側に貴方の上司の行為について、制裁処分を求める。

② 上司の言動及び行為について、精神的被害に基づく損害賠償請求をする。

 

①については、内部での話なので要求することも現実的だと考えますが、②については、訴訟になると費用も精神的負担も大きいため、時間もかかり現実的ではないかと考えます。

 

どうしても納得がいかないのであれば、上司の行為がパワハラに該当する可能性もあることと、貴方が精神的にも被害を受けていることについて、病院に訴え、上司の謝罪等を要求するのも一つの方法です。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
1.患者様に暴力したが謝罪にて和解しているが、上司は恩に着せている、今回の件で訴訟した場合、金銭のやり取りは無いが暴力での和解の手助けをしたことでの訴えをする事が可能か?それを理由に退職を止めようといている。
2.金を使わずに今回の件を訴える場は無いか。例えばマスコミ、看護協会、人権委員会など
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

訴訟というのは、貴方が上司に対して訴えを起こすということでしょうか?

 

そうであれば、上司になにを要求するのかを明確にする必要がありますが、なにを要求しようと思うのでしょうか?

 

何を要求していくかを明確にする必要がありますが、労働局にあっせん制度がというものがあります。

 

あっせん制度は、会社と労働者の紛争について、第3者(弁護士等)が間に入り、裁判によらない解決を目指す制度です。

 

費用は無料で手続きも裁判よりは簡易です。

 

労働基準監督署の労働相談コーナーでも受付してくれるかと思いますので、相談してみてください。

雇用・労働 についての関連する質問