JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengosimailmeに今すぐ質問する
bengosimailme
bengosimailme, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 818
経験:  弁護士
60911264
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
bengosimailmeがオンラインで質問受付中

私は小さな会社の役員をしています。定款により役員報酬の支払い規定があり、9月8日衝突事故を起こし(俗に言うオカマをほ

解決済みの質問:

私は小さな会社の役員をしています。定款により役員報酬の支払い規定があり、9月8日衝突事故を起こし(俗に言うオカマをほる。)12月まで通院治療のため 休業が続き報酬が支払われなかった為自分の人身傷害保険に休業損害を請求しましたが、実通院日数が少ないとのことで拒否されました。これは不当な不払いではないでしょうか? ちなみに通院日数110日実通院10日 9月末まで休職 10月20日休職 11月15日休職 12月10日休職
定款規定により 9月〰11月無報酬 12月65%カット 実損害報酬310万円です。 定款規定、前年度所得明等
必要書類は保険会社に提出しました。 人身傷害保険の補償額は3000万です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  bengosimailme 返答済み 5 年 前.
弁 護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
これが直ちに保険会社の不当な不払いとなるとは限りませんが,争うことはできると思います。ただし,保険会社と争うとなりますと,かなり長期化するとともに,弁護士費用などかなりの負担があると予想されます。

そのため,保険会社と争うのもひとつの方法ではありますが,保険会社と争うよりも,あなたの会社の方と交渉なさった方が良いのではないかと思います。すなわち,取締役報酬が出ないために,本来は保険で休業損害の補償を受けられるはずが,実通院日数が少ないため拒否された。ということは,このような場合に報酬を支給しないと機械的に定める会社の定款規定が妥当でないんだ,と主張するのです。小さい会社とのことですから,臨時株主総会を開催して定款の当該規定を変更する決議を取るのは,保険会社と争うことと比べると,それほど困難ではないのではないかと思われます。事情を話せば,この数ヶ月間,実際に休業した日数は非常に少ないのに,どこからもお金が出ないことに対しては同情を得られるのではないかと思いますから,根回しをしておけば,こうした定款規定を変更することについても理解を得られるのではないでしょうか。

慰謝料に関しては,保険料を支払われないことは,一応,理由があってのこと(実通院日数が少ないことが,保険会社のなんらかの規定にひっかかるため)によるわけで,一見して不当であるとも言いきれないため,そのこと自体からくる精神的損害というのは,通常は考慮されないと思います(法律上は,そのようなことによる精神的損害は認められにくいということです。損害が発生した直接の原因は,事故であり,その次の原因は,あなたの会社の定款規定にあります。保険会社の支払基準に満たないことは,損害の原因としては遠いという評価を受けると思われます*)。


*あなたが問題にしている「損害」は,保険金不払いによる精神的損害であって,事故を原因とする損害ではないとお考えになると思うのですが,保険会社が保険金を支払わないことによる損害の原因がどこにあるかというと,事故と,事故が起こって休業したことで報酬を支払わない会社にあるのです。保険会社の不払い自体を損害だと構成する理屈は分かりますが,裁判実務の感覚からは認められにくいと思われます。
bengosimailmeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問