JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

失業給付についての質問です。 7年間勤めた会社を会社都合で退職。 退職日翌日に再就職しましたため、 失業給

解決済みの質問:

失業給付についての質問です。

7年間勤めた会社を会社都合で退職。
退職日翌日に再就職しましたため、
失業給付は受けていません。

現在 試用期間(3カ月)で働いて1ヶ月になりますが、
この時点で自己都合で辞めた場合、
失業給付はどうなりますでしょうか?
新しい会社では新たな雇用保険に入っています。

前の会社の退職条件で失業給付は受けられませんか?
会社都合と自己都合では給付期間に大きな差があります。
分からなくて困っています。

ぜひお教えくでさい。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。

労働問題を専門にしている社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

ご質問内容からだけですと自己都合退職となり、7日間の待機期間と給付制限があるとの回答になってしまいます。

今の会社で雇用保険に加入していれば失業給付を受けるには今の会社の離職票が必要になり、ハローワークでも今の会社で雇用保険に入っていたことの記録が残っています。

 

 

しかし、自己都合であっても退職理由によっては特定受給資格者、特定理由資格者に該当し、会社都合で退職した場合と同じ扱い(優遇)になります。

 

 

ご質問者様が今の会社を退職される理由はなんでしょうか?

 

例えば、

上司等から就業環境が著しく害されるような言動があったとき。

会社から退職するよう勧奨をうけたとき。

会社の業務が法律に違反しているとき。

ご質問者様の体調不良。

家庭の事情。

 

などがあれば会社都合で退職したときと同じ扱いを受けられる可能性があります。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
早速のご回答ありがとうご ざいます。

現在の会社を退職する理由は、家庭の事情です。
母が年末に背骨を骨折して以降、
依然からあった精神的に辛い状態が悪化。
働き始めてから家事をあまり手伝えなくなってから
悪化が顕著になってきたため、
仕事を辞めざるをえないと判断しました。
母と私の二人暮らしのため、
面倒を見られるのは私だけです。

母の精神的な症状はまだ診察を受けていないため、
客観的に証明するものはありません。

以上のような状況ですが、
特定理由離職者に該当しますでしょうか?

また該当しない場合、どの程度の給付制限になりますか?
ある本には前の会社を退職後、まったく失業給付を
受給せずに新しい会社に再就職し
試用期間で退職した場合は、
前の会社と今の会社の被保険者期間を
通算した期間を基準とする給付日数になる、
とあります。
給付額はどのようになりますでしょうか?

たびたびすみませんが
御回答よろしくお願いします。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

ご返信内容から判断すると特定理由離職者に該当する可能性があります。

ご質問者様のような個別のケースに関しては離職者及び事業主の主張を聞いたうえで、ハローワークが最終的に判断することになっています。

退職届を出すときは退職理由を家庭の事情によることを記入し、離職票の事業主が記入する退職理由の欄に「家庭の事情の急変の為」と記入してもらうとよいでしょう。

 

 

通常の自己都合と判断されると7日間の待機期間のあと3カ月の給付制限があるのが一般的ですが、特定受給資格者、特定理由資格者に該当するまでの理由がなくてもハローワークの判断によっては1ヶ月もしくは2カ月の給付制限になることもあります。

ハローワークで今回の退職の理由をよくお話しされるとよいと思います。

 

 

>試用期間で退職した場合は、前の会社と今の会社の被保険者期間を通算した期間を基準とする給付日数になる

試用期間でなくても前の会社と今の会社の間が1年以内であれば被保険者期間は通算され、それに応じた給付日数となります。

一般の受給資格者と特定受給(理由)資格者で給付日数が変わってきます。

 

給付額は被保険者期間として計算された最後の6カ月間の賃金の総額を180で割ったものを賃金日額とし(上限額、下限額有)、その金額に応じて基本手当日額を算出します。

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問