JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

ネットで調べる事は出来るのですが、 本当のところを知りたい状況に、あります。 私は会社から「解雇予告」を受け

解決済みの質問:

ネットで調べる事は出来るのですが、
本当のところを知りたい状況に、あります。

私は会社から「解雇予告」を受けております。
それについて、どのような対応を取るべきか、
助言を頂きたく、御連絡した次第です。

お忙しいとは思いますが、御連絡頂ければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
会社からどのように言われたのでしょうか。
なぜ解雇予告を受けることになったのでしょうか。きっかけをお知らせ下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.
解雇理由は、就業規則にある、第15条の服務心得をそんしゅせず会社の注意にもかかわらず
改悛や改善の余地がない。
だそうです。

現在、懲戒の経験はありません。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

解雇理由についてお分かりのようですから、会社から退職証明書を受けられているのでしょうか。未だな場合には会社に請求しましょう。

 

さて解雇についてですが、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効とするとされています。(労働契約法16条)

 

服務心得を遵守せず会社の注意にかかわらずとありますが、これには具体的事実の有無が必要となります。

 

通常は、口頭注意や始末書などの段階を積み重ねて指導しても、改悛の余地がないとのことであれば、やむを得ないでしょう。

 

但し懲戒の経験も無くいきなりの解雇予告ということであれば、不当解雇に該当する可能性があります。

 

まずは、労働局のあっせんの申込を検討しては、いかがでしょうか。
詳しくは、こちらのリーフレットをご参照下さい。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問