JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

社内リストラについて伺います。 現在外資系化粧品会社勤務18年、52才女性です。 昨年12月中旬まで約11年

解決済みの質問:

社内リストラについて伺います。

現在外資系化粧品会社勤務18年、52才女性です。
昨年12月中旬まで約11年、部署付役員秘書をしておりました。しかし、その直属上司が突然退職した事で、事実上私はその時点で社内失業になりました。
以降一月末迄私の進退を合わせ退職した本人以外から何の話もありませんでした。そして当面の業務をあてがわれた後(ほぼ待ち状態でした)、昨日業務の空きがないことと、現在いる役員は英語力をようするので、転属と減給を同意書と共に言い渡されました(等級を他と合わせる為)。これが受けられない場合は、他の会社に言ってもらうしかないということでした。
上司が居ない、組織変更、仕事の空きがない、英語力がないとの理由で転属はわかりますが、6年間で42万から25万の減給というのは明らかに退職を促していると思われます。取り方の問題かもしれませんが、明らかに不当を感じます。どのような対応をすればよいのでしょういか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

会社のやり方は、絶対的に黒ではない方法を選んでいるようですね。
6年間かけて42万円から25万円に減らすということであれば、1年間に3万円弱となり不当に減額させているとまで言い切ることは、難しいかも知れません。

 

但し、転属と減給について納得がいかないというのであれば、同意しないことです。
単なる職務内容の変更に伴う賃金切り下げは、役職など職位上の降格によるものではないため有効、無効の判断をすることは出来ません。

 

また、他の会社へ行ってもらうというのは、転籍を指しているのでしょうか。転籍についても個別の同意が必要となるので、行きたくないのであれば同意をしないことです。

 

賃金切り下げや転籍拒否を理由に会社が解雇をしてくることもあるかも知れません。その場合は、不当解雇となります。

 

このような会社と労働者の争いが有る場合には、第三者に間に入ってもらい話し合いをすることができます。都道府県労働局にあっせんの申込をご検討下さい。

詳しくはこちらのリーフレットをご参照下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
賃下げは降格によるもので、新業務のスタッフに合わせた等級と賃金に近づけるためです。上司が退職し、あてがう業務が他になかったから降格し賃下げされることは正当な組織の理論なのでしょうか。昨日勧告され三月一日付の異動命令です。他のか いしゃというのは、退職し他の会社に行くということです。当てがう業務がないという理由でこのような対応が納得いきません。同意しない場合、経験のない販売ではなく事務職を希望する旨交渉する権利はあるのでしょうか。それとも業務命令に従わなければいけないのでしょうか。今日労基相談室を訪ねてみますが私の疑問は間違っていますでしょうか。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
上司が退職し、あてがう業務が他になかったから降格し賃下げされることは正当な組織の理論なのでしょうか。

会社が資格等級の引き下げに伴って賃金を切り下げることは、よくあります。先ほども言いましたように、賃金を切り下げるためには、本人の同意が必要なため会社によく説明を求め納得がいかないのであれば、同意をしないことです。

それで も会社が賃金を引き下げてきた場合には、賃金の未払いとして会社を訴えることも可能です。

「退職し他の会社に行くということ」は、転籍のようですね。この場合もやはり納得がいかないのであれば、同意をしないことです。

もちろん経験のない販売ではなく事務職を希望する旨を交渉することは可能です。転籍自体は譲歩して受け入れるが、事務職として欲しいと交渉されてはいかがでしょうか。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問