JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

今月9日に退職を一ヶ月後にしてほしいと社長に言われましたが 関西より来ている為方言が良く分からず違う事を言っていると

質問者の質問

今月9日に退職を一ヶ月後にしてほしいと社長に言われました が 関西より来ている為方言が良く分からず違う事を言っていると勘違いしており 今日いつまでいてると聞かれ 勘違いの件も伝えましたが とりあえず今月いっぱいとこたえました。約3カ月ハローワークの紹介で仕事をしていましたが 最初面接したときとかなり条件がちがいます。書面でもらっていなかったのですが 休日出勤 サービス残業の強要などがありました。ハローワークにも相談しましたが とりあえず退職するのでもういいのですが 働いた分は正規に給与をいただきたいのでどうすればいいですか ちなみにタイムカードはない会社です あるのですが休憩時間だけ押してくださいといわれ休憩も食事だけで15分くらいで12時間以上はたらいていました.まとまりないですが お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ご質問内容からは、若干不明な部分がありますが分かる範囲でお答えします。
まず、「今月9日に退職を一ヶ月後に してほしい」とありますが、これについては退職勧奨とも解雇ともとれる表現です。

解雇の場合は、不当解雇で訴えることも可能です。
その場合には、退職届など会社に提出しないようにしましょう。

もっとも貴方が休日出勤やサービス残業など働いた分だけ給与の支払いをして欲しいとのことであれば、会社住所を管轄する労働基準監督署へ申告すれば、賃金の未払いとして会社へ指導に入ってくれるでしょう。

法律では、原則として1日8時間、1週間で40時間を超えた部分については、割増賃金を支払う必要があります。

監督署へ賃金の未払いを申告する場合には、労働条件の分かる資料、給与明細タイムカードが無いようですので、労働時間をメモ書きにしてご持参下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答有難うございます。

昨日会社へハローワークへ出す退職証明書を記入してもらうため提出しますと本日 退職届を出すように 一身上の都合で と言われました。

現在失業保険の待機期間中で前職での退職事由での支給でとハローワークに確認しました。

補追加情報としまして

1.退職勧告しながら一身上都合での退職届を書かせる会社を訴える機関は 訴えたとしてのメリットは 損害金等

2.労基局より指導がいったとしても実際に支払われますか 支払われなかった場合の対処は

以上お願い致します。

 

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
1.退職勧告しながら一身上都合での退職届を書かせる会社を訴える機関は  訴えたとしてのメリットは 損害金等

退職勧告とは、解雇なのでしょうか。それとも会社から辞めて欲しいと言われているのかはっきりしなければなりません。会社から辞めて欲しいというのは、退職勧奨に当たるため違法でもなく訴えることも出来ません。

解雇とうのであれば、解雇理由を記載した解雇理由通知書を会社に依頼しましょう。
解雇であれば、不当解雇で会社の違法性を争うことが出来るようになります。

方法としては、都道府県労働局のあっせん制度を利用します。
あっせんとは、紛争当事者の間に労働問題の専門家が第三者として間に入り紛争解決を図る制度です。(無料で申し込むことができます。)もちろん解決というのは金銭で解決します。金額については特に決まりはありませんのでいくらでも要求することは可能ですが、それだけ合意しなくなる可能性も高くなります。

2.労基局より指導がいったとしても実際に支払われますか 支払われなかった場合の対処は

残業の未払いについては、普通に窓口へ行くと相談員もいますから、本当に相談で終わってしまうことがあります。労働基準監督官という方がいますから、労働基準監督官へ労働基準法第37条違反の申告に来たと告げて下さい。

雇用・労働 についての関連する質問