JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

3年前よりショーステイを経営しております。 その施設長が12月20日付けで退職いたしました 残りの有給を消化中に、医

質問者の質問

3年前よりショーステイを経営しております。 その施設長が12月20日付けで退職いたし ました 残りの有給を消化中に、医療法違反や当施設の閉鎖などの噂を利用者様のご家族に吹聴する業務妨害、当施設で行った利用者様へのアンケートを個人的に利用し、自分がこれから立ち上げるつもりの老人施設の土地の提供を頼みにアンケートに回答してくださった方の自宅へ当施設の名前で訪問するなどの行為が発覚した為、12月の賞与は支給しませんでした。 また、有給により就業規則にうたってある、70%以上の出勤が無い場合は資格手当は支給しない事項に該当しましたので最終月の資格手当は支給しませんでした。
赤字経営に対して施設長には何度か改善の相談をしてきたのですが、協力を得られなかった為、事前に賞与の支給は満額支払えないと口頭で通知はしてありました。 施設責任者と言う立場にも関わらず、平素より経営者に対して言い訳に終始し反抗的であったりしたのですが、独断的であったものの業務は遂行しており、退職は自己都合退職とし退職金を支払いました。これらに対して、施設長から賞与と資格手当の支給を求める文書が郵送されてきました。 当方は、懲戒解雇にあたる行為があった為賞与の支給はしない事と資格手当は支給条件に該当しない旨を回答しました。 その後施設長より、労働基準局へ相談に行ったが、賞与は懲戒に関係なく支払いの義務がある事、有給である為出勤と同等であり資格手当ては支給されるはず、の2点について回答を求める文書が送られて来ました。 どう回答すべきでしょうか? 尚、就業規則には賞与を支給しない場合については何も記載されていません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
業務妨害などがあったためとは言え、就業規則に賞与を支給しない場合について何も記載されていないとなると賞与の支給をしないということは、賃金の未払いに当たります。

相手に労務に詳しいブレーンがついているということであれば尚更、会社の立場は悪いですね。

「有給により就業規則にうたってある、70%以上の出勤が無い場合は資格手当は支給しない」この規程も有給を取得したことを不利益に扱う規程と考えられるため無効となるでしょう。

相手が労務に強い上に労働基準監督署へ相談しているとなると、資格手当や賞与の支払をせざるを得ないように思います。

未払い残業などはないでしょうか。下手をすると時効の2年間を遡って請求してくることも考えられます。
面白くないかも知れませんが、賞与と資格手当の支払いで手を打つようにされてはどうでしょうか。

雇用・労働 についての関連する質問