JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

看護師をしています。現在は心身ともに疲れ果て心療内科に行こうか迷っているところです。 とりあえず、休職を願い出よう

解決済みの質問:

看護師をしています。現在は心身ともに疲れ果て心療内科に行こうか迷っているところです。
とりあえず、休職を願い出ようかと思っている んですが可能でしょうか?
まず、診断書が必要なのでしょうか?
現在の労働状況は週休2日。2交代制です(8:15~17:00 16:30~翌9:00)
日勤の場合、早くて19時におわり、遅ければ20時21時の状態です。これに関しては上層部は残業はおかしい、残業代は出さない(現在は出ている)といっています。
スタッフからは現在の業務量・内容・人員では限界を超えていると訴えていますが、看護師の配置人数の7:1という計算にあっているから不足はない。仕事の仕方や考え方が悪いとの回答です。
具合が悪く休んでも、有給ではなく休日分の休日を入れ替えている状況です。
退職に向けても有給休暇の消化、退職後の国民健康保険からの疾病手当てのようなものはもらえるのでしょうか?
心療内科などに受信した場合転職などに影響はあるのでしょうか?
キャリアに傷がつくのではと心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

お辛い状況の中、ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士のremember2012と申します。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、休職に関しては公務員の場合は法律で定めがありますが、民間の場合は労働基準法などの法律に明確な定めはなく、それぞれの会社の定め(就業規則)に従うことになります。

よって、ご質問者様が民間の医療機関にお勤めであれば休職期間、診断書の要否は就業規則を確認することになります。就業規則がないのであれば職場の今までの慣例をもとに判断されると考えられています。

 

 

休職期間中はその理由が業務上のものであれば労災に申請し、認定されれば休業補償給付が支給されます。

 

業務外のものであれば健康保険から傷病手当金が支給されます。

また、退職後も退職時までに1年以上被保険者であったこと、退職した時に傷病手当金を受けていたことの要件を満たせば支給を開始した日から1年6カ月を限度に引き続き傷病手当金が支給されます。

 

 

有給休暇に関しては事前に請求する必要がありますので具合が悪く休んだ日を有休とするかどうかは使用者の判断になります。

しかし、事前に請求すれば退職日前であっても当然に取得でき、使用者はこれを拒否することはできません。

 

 

また、心療内科に受診した場合であっても直接転職に影響があるとは考えにくいのですが、前職の退職理由を聞かれた際に嘘はつけないので退職までの経緯を説明することになるのではないでしょうか。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
たとえば3月末日で退職したいと申し出た場合に、3月を有給休暇を請求するというのは労働者の権利として可能ということでしょうか。
休職に関しては、事業主の判断ということになるのですね。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

ご返信ありがとうございます。

 

 

ご質問者様の仰るとおりです。

詳しくご説明させていただきます。

 

有給休暇は、労働基準法第39条に定められた労働者の権利ですので、請求した場合は会社の都合で与えないということはできません。同条に会社は「事業の正常な運営を妨げる」場合には、有給休暇の取得日を変更させることができることになっていますが(時季変更権)、ご質問者様のように退職される方は、退職日までに使わなかった有給休暇は消滅するため、会社は退職予定日までに請求通り与えなければいけません。

しかし、退職金制度がある会社は就業規則に「退職日までに業務の引き継ぎを行わなかった場合は退職金を減額する」ような定めをしている会社がありますのでご確認されるとよいでしょう。

 

また、休職に関してもご質問者様の仰るとおりになりますので勤務先のご担当の方に相談されてみるとよいでしょう。

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問