JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

定年を迎えて、現在嘱託契約で勤務しております 賃金:月額189、900円(公休6~7日) この度、会社都合で3月

解決済みの質問:

定年を迎えて、現在嘱託契約で勤務しております
賃金:月額189、900円(公休6~7日)
この度、会社都 合で3月いっぱいで退職をしてくれと言われました

もし続けて働きたいのなら、現在の月額の6割で働けますが
との言葉だったので退職を決意したのですが

昨日、会社のHPでパートタイマーの募集が出ていました
雇用期間:即日~平成24年9月30日
時給   :750円
勤務時間:1700~1500

以上の条件で計算すると、会社が私に提示した条件よりも
パートタイマーの賃金条件の方が良いようになります
労働基準法上、問題は無いのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
労働条件というのは、 個別に同意を持って契約することが出来ます。
そのため、あなたとパート社員の労働条件が同じではないからと言って、直ちに違法となる訳ではありません。

次に続けて働きたいなら現在の6割でとのことですが、これについては労働条件の変更となりますから、あなたの同意が必要となります。

HPでパートタイマーの募集があなたの労働条件より良くなるのか、なぜ労働条件を切り下げる必要があるのか会社に説明を求めましょう。

退職勧奨書というのは、会社があなたに退職を勧めている状態です。もちろんあなたにその気が無いのであれば、はっきりと断ることが出来ます。

会社の経営状況の変化によって3月で退職 して欲しいとありましたが、この場合もパートの募集をしているのであれば、理屈が通りません。

なお会社が退職することを強要するような場合には、不当解雇に該当するでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

退職を勧めるのに、口頭だけで良いのか

”退職勧奨通知書などは必要ないのでしょうか?もちろん退職勧奨合意書はありません”

 

退職を同意するときに合意書などは必要ないのかお尋ねしているのですから

そのことについてもお答えいただきたいと思います

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そもそも労働契約は口頭であっても成立します。
そのため退職勧奨の場合であっても口頭で成立すると考えます。
ただし採用の場合トラブルになり易い労働条件については、書面を交付することが求められています。
これに対して退職勧奨の場合は、法律上、退職合意書などを交付することまでは求めていません。会社としては、後日不当解雇を訴えられないために、退職勧奨通知書よりむしろ退職届にサインを求める場合が多いでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問