JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

くだらない質問ですが、賃金の支払いの遅れや、パワハラ・セクハラ、早期退職制度を利用しての退職は特定受給資格者となると

解決済みの質問:

くだらない質問ですが、賃金の支払いの遅れや、パワハラ・セクハラ、早期退職制度を利用しての退職は特定受給資格者となると思いますが、この場合は「会社都合」なのか、単 に「会社都合に相当するだけ」で、実際には「自己都合」であるのかがよくわかりません。
会社都合で退職した場合と自己都合で退職した場合とでは、職歴に記入する際、単に退職と書けばよいとは思いますが、仮に自己都合か会社都合かを明確に記載するとした場合、上記の例では「会社都合」と記載するべきなのでしょうか?
セクハラ・パワハラ、賃金の支払いの遅れなどがあっても辞めない方はいらっしゃると思いますし、辞めていく方もいらっしゃると思うので、「自己都合」であることに変わりはないと個人的には思うのですが。
以上、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

特定受給資格者とは、倒産・解雇等により、再就職の準備をする時間的余裕がなく離職を余儀なくされた者となっています。

 

具体的には、貴方がおっしゃるように賃金の低下、遅延などの理由によって自分から辞めた場合も該当します。

 

基本的には、会社都合か自己都合であるかは、労働者から退職を申し出た場合は自己都合であり、会社から解雇等を申し出た場合は会社都合であると考えます。

 

また、雇用保険の失業給付でも「特定受給資格者と同じ所定給付日数となる受給資格者」というのがあり、該当する要件の一つとして、正当な理由のある自己都合により離職した者となっています。

 

よって、早期退職制度や賃金遅延などの理由によって、自分から退職した場合に履歴書等に明確に記載する場合は、自己都合退職としたうえで理由を付記すればいいと考えます。

 

 

「○○株式会社 自己都合退職(給与支払いが3ヶ月遅延したため)」

「○○株式会社 早期退職制度による自己都合退職

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問