JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

こんにちは。 私は社会福祉法人の特別養護老人ホームに勤めている者です。 ここの事務長(42歳男性)についての

解決済みの質問:

こんにちは。
私は社会福祉法人の特別養護老人ホームに勤めている者です。

ここの事務長(42歳男性)についての相談です。
6年前に開設した施設なんですが、この方の怒鳴る威嚇する暴言等(私はモラハラやパワハラだと思っています) で、随分事務スタッフが変わりました。昨年の話なのですが、新しく入ってきた男性スタッフのことを嫌い、この事務長を筆頭に何人かの女性スタッフで暴言等のいじめがあり、その男性スタッフはひどい鬱になり退職直後に自殺しました。

そして、それを把握した後もなお、スタッフ同士で悪口を言い合ってました。
もっと言えば私に対しても『○○の霊がついとるぞ』とか言って茶化してました。

それから半年が経ちますが、その事務長は地域密着型特養の認可をもらったようで、開設に向けて、ここの施設での業務中に開設業務を行ってます。

独立される。とても素晴らしいし、頑張ってくださいと思いますが、私の気になる点がいくつかあります。

社会福祉法人の介護施設なので、介護報酬と補助金にて運営され、私たちの給料は報酬とご利用者からの利用料金からいただいてると考えてます。
それなのに、独立するからとその業務を行うことは、間違っていると思うのですがいかがでしょうか?
理事長が了承していれば良い話なのでしょうか?

また、人を自殺まで追いやって、さっさと独立されるなんて、私の心情では『はじめから独立決まっていて去るのなら、どうしてそんな事ができるのか』と思い、パワハラがあった事実をしかるべき所で公にしたい気持ちでいっぱいです。

報告しても何ら変わりはありませんか?


わかりにくい文面で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちは。社会保険労務士のremember2012と申します。

回答させていただきます。

 

まず、パワハラに関しては先日、厚生労働省から定義が発表されたばかりで問題解決に向けての取り組みはまだまだこれからの段階であります。

 

【パワハラ具体的行為】

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

 

上記事項に該当するかだけでパワハラかどうかは判断は出来ないのですが、パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられています。

ご質問の内容からですと男性スタッフに対しては上記の(2)や(3)に該当すると考えられ、労災認定を求める、加害者本人(事務長)、会社に対して損害賠償を求めることが出来ると考えられます。しかし、いずれも遺族が行動を起こす必要があります。

 

>私に対しても『○○の霊がついとるぞ』とか言って茶化してました。

ご質問者自身は上記のことだけでパワハラを主張するのは難しいと考えられますが、使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)

がありますので、その義務違反を不法行為として訴えていくことは可能だと考えられます。

 

>独立するからとその業務を行うことは、間違っていると思うのですがいかがでしょうか?
理事長が了承していれば良い話なのでしょうか?

事務長の兼業が問題であるかどうかとういうことだと思いますが、憲法には国民の権利として「職業選択の自由」がありますので兼業を一切禁止することはできません。あくまで労務提供に支障があると判断される場合や、会社の対外的、対内的な信用問題に関わる場合、会社は兼業を禁止できるとされています。よって、会社がこられのいずれと照らし合わせても問題ないと判断すれば事務長の兼業は問題ないと考えられます。

しかし、ご質問者様や他のスタッフの方がそのことで実際に被害(労務量の負担増加など)を被っているのであれば改善を求めていかれるとよいと思います。

 

>報告しても何ら変わりはありませんか?

どちらに報告をお考えでしょうか?

マスコミなどに公にされるということでしょうか?

また、労働基準監督署などの行政に報告されるということでしょうか?

 

どちらにしても労働者個人で行動を起こす事は結果的にご質問者様にとって職場にいずらくなるなど不利な状況になる可能性もありますので、まずはご質問者様と同じ思いを持った同僚など、信頼のできる仲間と協力して労働者の団結を計っていったほうがよいと思います。

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問