JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

個人病院勤務をしている看護師です。年末に看護部長に呼び出され、現職場よりの移動の話を突然されました。理由は、非常勤医

解決済みの質問:

個人病院勤務をしている看護師です。年末に看護部長に呼び出され、現職場よりの 移動の話を突然されました。理由は、非常勤医師が移動を院長に迫ってきたというものでした。実際、その医師とは直接的なかかわりもあまりなく自分がミスを犯したこともありません。部長もなぜなのか初めは疑問のようでしたが、個人病院ということで院長の支持に従うために私に話をしてきていました。
その後、いろいろなところからの情報で、部署の直属の上司が煙たく感じていたために、さらに上の上司を使い、権力の強い非常勤医師をつかって解雇させようとしむけていることがわかりました。現在も、同様に院長に直接非常勤医師が私の解雇について迫ってきているようです。
自分では違ったことはしていないと思っていますので現職場に、部長と相談の上勤務しています。
これはパワハラになりませんか?
直属の上司は何もないかのように私の前では話、いないところではやめさせてやるといっているようです。そんな中で、仕事を続けていく精神的な負担もありますが、4月に入職し、1年もたたずに退職したくないので勤務はしています。
私のうけていることはパワハラではないですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。社会保険労務士のremember2012と申します。

回答させていただきます。

 

パワハラに関しては先日、厚生労働省から定義が発表されたばかりで問題解決に向けての取り組みはまだまだこれからの段階であります。

 

【パワハラ具体的行為】

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

 

上記事項に該当するかだけでパワハラかどうかは判断は出来ないのですが、パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられていますので、ご質問の内容からですと貴方が現時点でパワハラを主張することは難しいのではないかと考えられます。

 

しかし、職場異動に関してましては、「労働契約において特別に労働の種類、態様、場所についての合意がなされていない限り、使用者は配置転換などの人事異動を命ずる事が出来る」とされていますが、今回のケースではその業務上の必要性、移動を命ずる動機・目的の内容が不当であると考えられ、人事権の濫用に該当するのではないかと考えれられます。

 

また、解雇に関しましても就業規則にその理由が記載されていることが前提で、またその理由が解雇するほどの理由であることが必要です。

つまり、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は解雇無効を主張できます。

まだ直接院長から解雇のお話は出ていないと思うのですが、非常勤医師が院長に貴方の解雇を迫っても上記のような理由がなければ解雇できませんでご安心ください。

こちらは雇用・労働のカテゴリとなりますので手術中の医療ミスに関しての回答は避けさせていただきますが、 現実問題として労使関係においては圧倒的に力の差があります。幸い貴方にはご相談できる部長がいらっしゃるようですので一人でも多く貴方のお気持ちを理解し、協力してくれる仲間を増やしていかれるとよいと思います。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

返答ありがとうございました。

現状況では私はなにもできないということでしょうか?

退職をすることは不本意ですが幸い、看護師ですので再就職先はあるのであまりきにはしていません。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

パワハラに関してはご質問の内容からですと現時点では

>部署の直属の上司が煙たく感じていたために、さらに上の上司を使い、権力の強い非常勤医師をつかって解雇させようとしむけていることがわかりました

>院長に直接非常勤医師が私の解雇について迫ってきているようです

>医師を同様させるような看護師を置いておくなといってきたようです。そして、他の医師にも院長に口添えするようにお願いしていたそうです。

を立証することが難しいのではないのでしょうか?

 

先の回答のようなパワハラの違法性を証明できる証拠がない時点でパワハラを主張することは非常勤医師によってもみ消され、貴方がますます辛い思いをすることになりかねません。(もちろん許されるべきことではないと思います)

 

よって退職をも前提にお考えであれば、パワハラを主張するよりは今回の異動についての明確な理由を求め、その理由によって不当性を主張していかれてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問