JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

派遣で働いている者です。2年前に派遣として働きはじめましたが、業務のマニュアルもなく、派遣先の責任者から指示で仕事を

解決済みの質問:

派遣で働いている者です。2年前に派遣として働きはじめましたが、業務のマニュアルもなく、派遣先の責任者から指示で仕事を指示されていました。半年ぐらい前に責任者が退職され、私は、ボリュームが多い仕 事なので、精神的にきつくなり、やりたいことがあると言って退職を申し出ました。有給消化のためのお休みの日にちをまとめてとりたいいったがばらしてほしいと言われたので、会社の要望に合わせました。を派遣元から派遣先に伝えると言ったのが先月の20日です。伝わってなかったみたいで、別の社員さんから早く休みを決めてほしいと強く言われ頭が痛くお休みをしました。2月9日のことです。次の日にお休み連携ミスを全て私に責任を押しつけられました。マニュアルがないのに困らないように引き継げだの引き継ぎのため残業になったりと。派遣でマニュアルを作成したり、責任を押し付けられたり、することは、法律で何かうったえられませんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

この度はご利用頂きまして大変感謝しております。

 

最大のポイントは、貴方が年次有給休暇取得を事前にきちんと派遣元に申し出られたにも関わらず派遣元の連絡ミスで派遣先に伝わらず有休取得に支障が生じたことです。

 

年次有給休暇に関しましては、労働基準法第39条で「使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。」 と定められています。請求時季を変更したところまでは後半部分の時季変更権がございますので直ちに違法とは言えませんが、「与えなければならない」有休を与えられなかったとなれば、当然ながら労働基準法違反になります。

 

派遣社員の場合ですと、こうした年次有給休暇の付与及び取得に関わる管理責任は、雇用契約関係にある派遣元にございますので、派遣元が法違反を問われることになります。

 

そうでなくとも本来派遣先でのトラブルについては雇用主である派遣元が相談に乗って解決すべきところを、派遣元の不始末でトラブルに巻き込まれたのでは本末転倒ですよね‥

 

対応としましては、派遣元に今回の有休取得に関わる一連のトラブルについて責任をとってもらうよう強く要求されるべきです。いきなり裁判というよりは、まずは派遣元に申し出て善処し てもらう方が負担も少ないですし、誠意のある会社であれば派遣先にも取り合って貴方の願いも聴いてくれるはずです。少なくとも有休は当然の権利ですのでしっかり取れるよう主張しましょう。その上で、いい加減な対応しかされないようであれば、所轄の労働基準監督署またはハローワークに相談されることをお勧めいたします。無料で相談が出来ますし、退職されるのでしたら気兼ねも要らないでしょう。とにかく有休がまともに取れないというのは問題外の違反行為ですので、貴方が事情を説明すれば行政でも対応してもらえるはずです。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問