JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

パワハラで悩んでいます。 問題の上司とは約5年半、同じ会社のシステム部として働いています。 1.2007

質問者の質問

パワハラで悩んでいます。

問題の上司とは約5年半、同じ会社のシステム部として働いています。

1.2007年5月頃
問題の上司が無断早退を何回か繰り変えす
素行もおかしなことがあったので、さらに上の上司に相談

2.2008年8月頃
渡していたはずの書類(取引業者よりもらったネットワーク保守契約書)を受け取っていないと問題の上司が主張。
いたしかたなく、メールで渡した履歴などを印刷し、さらに上の上司へ相談

2回とも、問題の上司は注意を受けましたが、会社からのその後のフォローがほとんどなく、2008年8月以降、一切の仕事を振られなくなりました。

会話も朝と帰りのあいさつのみです。

2012年1月末に人事部長に呼ばれ、
1.今の状態は健全ではない
2.能力はあるのだから、もっと違う会社で能力を活かしたらどうだ?
3.1か月の期限を区切って、問題の上司との関係・問題を見る
4.僕(人事部長)は一切フォローしないが、自力で状況の改善を行うように
5.1ヶ月後、状況が改善していなければ、部署移動してもらう
6.本件は特にだれかから苦情などがあったわけではなく僕(人事部長)の独断で今は動いている
7.なぜ急にこのような話をしたかというと3月に組織改編があり、自分も移動になるかもしれないので、その前に問題を解決しておきたいと思った

との話をされました。

上記話のなかで、自分は今のところ、会社を辞めるつもりも移動するつもりもない旨話しました。

2012年2月13日に問題の上司と3人での話し合いが行われましたが、「君が信頼できない。」「上の上司に相談するのは今後2度とやめてくれ。」等の話がありました。

今後状況が改善できると思えず、上記話合の録音を念のためとりました。

うまく状況を書ききれていませんが、できれば弁護士の方と状況を話し、どのような結論になるにしろ、会社と対等に話し合いが持てるよう、お力を借りたいと思っております。

また、今は精神的にちょっとまいっています。

どうかよきアドバイスをください。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  bengosimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。

【JustAnswerからの注意事項です。】

投稿は一般的な情報提供を目的としており、専門家の知識に基づくアドバイス (法律) の代用として使用すること、ならびに専門家とクライアントの関係を成立させることを目的としたものではありません

本サイトは緊急時の使用を意図したものではありません。緊急時には資格を持った専門家に電話または対面にて直接問い合わせてください 利用規約をよくお読みください。

さて,精神的に参っておいでとのこと。

本件について,弁護士に状況をお話になって,弁護士の助力を得て,会社側と対等に話し合いをすることを目的となさっているのでしたら,直接に弁護士に相談に行かれて,代理人となることを依頼なさるべきと思います。

あなたの中で問題点と希望が明確ですから,依頼を受けることのない私が,こちらであなたに助言をすることはあまり意義が大きくないと思います。あるいは,あなたにとり二度手間となって効率が良くないでしょう。

弁護士にお心当たりがおありでない場合は,法テラス|相談窓口に相談するか,日弁連の相談窓口のご案内から地域の弁護士会に連絡して弁護士の紹介を受けるサービスを利用なさるとよいと思います。

なお,メンタル面のご質問・ご相談は,当サイトの医療の分野に質問されると,メンタルを専門としていらっしゃるお医者様が丁寧な回答をしていますので,一応お勧めしておきますね。おだいじになさって下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
頂いた回答はすでに実行済みで、専門家のアドバイスではなく、専門家に聞きなさいというアドバイスでした。
専門家:  bengosimailme 返答済み 5 年 前.
>頂いた回答はすでに実行済みで、専門家のアドバイスではなく、専門家に聞きなさいというアドバイスでした。
1.実行済みの内容は不要だということであれば,「〜ということはすでに行っておりますので,それ以外の内容で回答下さい」と最初におっしゃって下さい。回答したことが無駄になりますので。

2.繰り返しになりますが,JustAnswerからの注意事項として次の点が重要です。
「投稿は一般的な情報提供を目的としており、専門家の知識に基づくアドバイス (法律) の代用として使用すること(中略)を目的としたものではありません」
もとより専門家のアドバイスではありませんので。そのように受け取ることは,こちらで答えている我々弁護士にとっても危険ですので,避けて下さい。

専門家:  bengosimailme 返答済み 5 年 前.

3.私が前回答のようにお答えしたのは,あなたのご説明を拝読する限り,

あなた もともと自分とは関係のないことで上司を陥れるような内容を上役に言いつけたために,

上司  :煙たがられ意地悪をされたところ,

あなた さらにそれを上役に言いつけたため

(ご自分が間違っていない証拠がおありなのでしたら,上司の頭を飛ばして上役に言い付けて逃げ道を塞ぐのではなく,まず上司に自分のミスでないことを説得するのが筋だと思われます),

上司  その仕返しをした(おそらく人事に報告)

人事  毎回そのような言いつけ行為をすることから社内での人間関係の構築がうまくできない人として,忠告を受けたのであって,いわゆるパワハラとは全く異なるように見えるからです。

[パワハラにあたらない理由]:

あなたからの上役を使った上司への攻撃

 

上司からの反撃(ミスを認めない)

 

あなたからの上役を使った上司への攻撃

 

上司からの反撃 人事に報告

         

         人事からあなたへ忠告,上司らから「信頼できない」「上への報告はやめてくれ」

これはあなたの攻撃行為により引き起こされています。だからパワハラではないと思われるのです。もっといえば,あなたの方が,より強大なパワーの持ち主を使い,直属の上司に対して,強大なパワーを行使させたわけですから,上司が,上役の行為をパワハラですとか,あなたに対して,パワハラの間接正犯などと主張するなら分かります。

私は,ここの情報からはパワハラなどではないと思いますが,しかしながら,事実関係を直接詳しく聞けば違う評価も可能かもしれないと思い,弁護士に直接対面で相談なさることをお勧めした次第です。精神的に参っているとお書きになっているあなたをできるだけ傷つけないよう配慮した結果です。ですから,噛み付く相手がちょっと違うと思いますよ。

4.あなたの問題が解決することをお祈りしています。


専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 

 

 横合いから失礼します。

 

 bengosimaime先生が言ってみえるのは、挑発防衛、自分が攻撃をしかけておいたら、あにはからんや相手方が反撃してきたのでそれに正当防衛してよいか否か、または自分がイヌをかまっていたら、そのイヌがガブッと噛み付いてきた、どうしてくれるんや、という話と同じ、だからパワハラの立証は難しいということだと思います。

 

 確かに、自分に原因がありパワハラを引き起こした場合、その原因行為まで遡って法的評価の対象になるので、その部分を真っ黒に塗りつぶして相手方に責任をなすりつけて訴えてやっても、その部分がほころんでくると形勢は不利ですよね。

 

 もっとも、原因行為があるんだから、いじめてやれ(仕事はずし自体はパワハラにあたります) とそのイジメ=意趣返しが殊更に反復継続してなされた場合は、相手方が守勢から一転攻勢に転じた時点から、社会的相当性の範囲を逸脱した新たな不法行為として評価されることもあるでしょう(意趣返しとしては念が入りすぎている)。これはあくまで私見ですが。

 

 難しい事実認定の問題です。

 

 甲:辞めるつもりで争うか、乙:残るつもりでこちらから折れて事態を改善するか、いずれかですね。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。

私の返信の書き方が悪く、すみませんでした。

 

しかし、ここでの質問はこれ以上はやめようと思います。

 

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 

 

 

 >>原因行為があるんだから、いじめてやれ(仕事はずし自体はパワハラにあたります) とそのイジメ=意趣返しが殊更に反復継続してなされた場合は、相手方が守勢から一転攻勢に転じた時点から、社会的相当性の範囲を逸脱した新たな不法行為として評価されることもあるでしょう(意趣返しとしては念が入りすぎている)。

 

仕事はずしじたいはパワハラとして主張することは不可能ではないと思いますので、

 

1.当該業務命令が、業務上の必要性に基づいていないこと、

 

2.外形上業務上の必要性があるとように見えても、当該命令が退職強要目的など社会的に見て不当な動機・目的に基づきなされている場合、

 

3.当該命令等が労働者に対して通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を与える場合、

 

であると認定されれば、不法行為と認定できます。

 

 ただそれには緻密な証拠集めが不可欠です。

 

雇用・労働 についての関連する質問