JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

勤務する一部上場メーカで業績悪化、人件費削減目的で、昨年12月に退職勧奨による希望退職募集が実施され、応募者は1月末

質問者の質問

勤務する一部上場メーカで業績悪化、人件費削減目的で、昨年12月に退職勧奨による希望退職募集が実施され、応募者は1月末に退職となりました。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたのに、1ヶ月の応募期間中、強制的に7回の面談を受けた。2月に入り第1週目退職勧奨面談あり。
面談官(部長;昨年4月に全く畑違いの部署から異動してきた)は、3月16日までの間、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言う。
面談でも、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。2月に入り第1回目の退職勧奨面談の際に、私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月中旬までには回答すると行ってある。
これまでの面談で、明確に退職するとは、言っていない。退職する方向も含めて検討している状態であると言っている。面談官は、退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。また、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。決断すれは、すっきりし楽になるなどの問題発言も多数。
決断出来ない理由を教えろ執拗にと迫られる。
面談時のメモ、録音(ポケットに忍ばせたボイスレコーダ)あり。

1.この様な、労働者の自由意志を阻害する執拗な退職奨行為の違法性はあるのでしょうか? またやめさせる方法は?
2.いやけがし退職する場合になっても、慰謝料や損害賠償の請求はできるのでしょうか?
  もし、請求した場合、再就職に影響はでるのでしょうか?

3。その他アドバイス
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

会社はやむ得ず退職勧奨をすることはできますが、貴方が退職の意思がないにもかかわらず退職を強要することは違法である可能性は高いと考えます。

 

貴方に退職の意思がないのであれば、退職勧奨を断固拒否してください。

 

退職の強要をやめさせる方法としては、会社に退職強要の事実を文書で示し、やめるよう通知してください。

 

強く訴えかけるのであれば、弁護士に相談して、弁護士の名前で内容証明等を出してもらうと効果があると思います。

 

また、貴方の会社には労働組合はありますか?

組合があれば、組合を通して会社に訴えかけるのも効果があると考えます。

 

慰謝料、損害賠償等は退職前でも退職後でもすでに貴方は精神的な被害を受けているため、要求することは可能であると考えます。

 

再就職の影響についてですが、再就職先で知られればまったく影響が出ないということはいえないです。

それは、各会社の考え方によるので、気にしない会社もあれば、気にする会社もあります。

 

あとは貴方の考え方次第であると思います。

 

貴方があくまでも会社に残ることを希望するのであれば、退職勧奨は拒否し、会社に退職強要をやめるよう要求していくことになります。

そして、会社に退職強要をやめるよう要求しても改善されなければ、労働局のあっせん制度を利用するまたは裁判所の労働審判等を利用して会社と争うことになります。

 

退職を考えているのであれば、退職勧奨を受け入れる代わりに退職金の割増等の金銭的なものを交渉していくのも一つの方法であると考えます。

 

いずれにしても、いまの上司の方のやり方は行き過ぎた行為で退職強要と言えるため、違法性が高いと考えられます。

 

いままで録音をされているようなので、引き続き録音をすることをお勧めします。

 

会社と争う場合に役に立つと思います。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

会社に退職強要の事実を文書で示し、やめるよう通知してください。

→メール等でよいのか?内容証明郵便がよいのか?

 さらなる嫌がらせや懲戒処分にはならないか?

労働組合は、あるが有名無実かしています。

退職勧奨の条件として、退職金の割増加算と再就職支援サービス2年間利用(

(会社がサービス料を負担)

この状況で退職する場合において退職をする様なことになっても退職願いは、提出したくないと考えておりますが、退職願を提出する義務はあるのでしょうか?提出しない方法はありますでしょうか?

会社側は、本人の同意を得た証拠とするのは、見え見えであり、退職願い用紙は、記名、押印する形式のもので、誓約書と一体になっております。

また、この様なケースの場合、慰謝料、損害賠償等は、どのくらいとれるのでしょうか?またその費用(弁護士料等を含む)はどのくらいになるのでしょうか?

仮に裁判となった場合において、再就職先から今の会社に人物紹介等の問い合わせがあった際に、裁判をしている裁判をしたなどのことを言うのは

個人情報の漏洩、再就職の妨害行為に抵触しないのでしょうか?

仮に、

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

会社に総務や人事等の相談窓口があれば、文書で提出するほうがいいと考えます。

 

会社に申し出ても改善が期待できないようであれば、内容証明郵便がいいと思います。

 

会社に退職強要の申し出を行ったことで懲戒処分の対象になることはありません。

 

もし、会社が懲戒処分を行うのであれば、不当な扱いであり、無効となります。

 

さらなる嫌がらせについては、ないとまでは言えませんが、さらなる不法行為を行うことになるので、さらに罪は重くなると考えます。

 

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです。

 

あくまでも自分から退職しない場合であれば、退職願等は提出しないでください。

 

慰謝料、損害賠償額については、事案に応じてまったく違うため依頼する代理人と相談して決めることになります。

また、弁護士費用については、着手金(10~30万円)と成功報酬(15~20%)であり、依頼する弁護士によってこれも違いがあります。

 

裁判となった場合に再就職先の人物紹介等についてですが、会社が悪意を持って回答する場合は妨害行為になる可能性はありますが、裁判を行っていること自体を回答したとしても違法ではないと考えます。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職願いについては、退職勧奨を受け入れることをお考えならば、会社の提示する書式ではなく、貴方自身で「○月○日の会社の退職勧奨を受け入れ退職します」というような文書で作成すればいいと考えます。

あくまでも会社の退職勧奨に応じたことを示せばいいです

会社の書式用紙において、その退社理由は、自由に記述ができます。

 

人事にパワハラ相談窓口がある様です。

文章で出すと言うことは、印刷した形式と言う意味でしょうか?

こんな感じでよろしいでしょうか?

 

昨年末の退職勧奨による希望退職募集時には、1回目面談で『退職意志無し』と明確に伝えたにも関わらず、約1ヶ月間の応募期間中、強制的に7回の面談を強要され受けた。面談でも、面接官からは、無理やり残っても仕事がない、降格、減給、草とり、便所掃除、いずれは解雇などや侮辱的な発言多数。そして今月(2月)に入り、更なる人件費削減 3月末退職目的で、退職勧奨面談が、始まりました。 2月に入り第1週目退職勧奨面談あり、面接官からは、ある一つの方向で合意するまで最低毎週1回面談を行う。面談は業務命令だ拒否はできない。と言われる。
私は、現在退職するか残留するかは、検討中であり、3月末の14日前までには回答すると伝える。退職する方向も含めて進退に関して検討している。退職するとは、明確に言っていない。面接官は、それでは遅い、退職願い用紙を手渡され、会社の退職手続きの関係上、2月中に提出する様に執拗に迫られる。退職する方向での質問の場合のみ答える。その他は答える必要はない。決断すれは、すっきりし楽になると言うよな発言、いつまで検討しているなどの発言も多数。
これらの言動は、被勧奨(面談)者の自発的な自由意志による選択を妨げるものである。また、度重なる執拗な面談により、精神的にかなり追いつめられている状態である。
早急な改善をお願い申し上げます。 尚、秘密厳守とこのお願いにより、更なる嫌がらせや不当な扱いがないよう配慮の程何卒よろしくお願い申し上げます。 2012年02月xx日

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
提出文章にかんして
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

文書で出すということは、紙に印刷して出すということでいいです。

 

控えは必ず取っておいてください。

 

パワハラ相談窓口に出す文書としては、貴方の記載内容でいいかと思います。

雇用・労働 についての関連する質問