JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

ご担当者様初めまして、サラリーマン45歳管理職職位男性です。この度は宜しくお願い致します。昨年度(2

質問者の質問

ご担当者様

初めまして、サラリーマン45歳管理職職位男性です。この度は宜しくお願い致します。

昨年度(2010年4月~2 011年3月)まで双極性障害Ⅱ型に疾患して都合9か月程、夏休み
有休/長欠を利用して会社を休みました。
本年度(2011年4月~現在)に職場復帰して所属部課を異動して働いています。4月~8月までは主治医/会社産業医の診察判断に基づき時短にて出勤して段階的、徐々に延しながら部門内人事評価/異動に関する課長補佐的な業務、部門内の情報伝達/収集(ISO、腐敗防止等)を担当しました。10月~12月に掛けて服用薬減薬による反作用/副作用に見舞われ月に2~3日程づつ休んではいます。10月に前課長より、課内の次年次の人間が課長となりましたが10月に入り当方が担当していた人事関連は現課長/女性社員へ変更、その他業務については大阪にある同課名部署担当へ振り分けられています。当方よりは3度、現課長へ”業務に関して、何か与えて欲しい。”との旨を伝えていますが、”貴方は体調不良でそれが心配。また、与える業務に関しては考慮しているが何か妙案ないかを考えている。”との事ではや5か月程、何もない状態が続いています。当方よりは平行して”当方の経験を生かして社員を育成する、人事部育成課へ異動したい。”との依頼をしており、その件は課長の上位者である室長へは伝わっている様子ですが、課長曰く”室長は4月1日付の全社的人事異動を考えると、現状では何も言えないし、何も行動お越しようがない。”との事です。我課には当方/課長含め8名の男性、1名の女性がいますが当方と定期的に会話する人間は1名の男性、1名の女性のみで業務外の話を少々するのみです。また、当方が日々行っていることは瞑想とInter Netで日々のニュースを読んだり、ブログを閲覧してりする程度です。減薬終了後、1月から出社は8:30(定時は9:15)より17:30(定時同)にて行っています。

以上のような状況ですが、当方に対しての労働上の不当な扱い(パワハラ)に該当するか否かをお教え頂ければ幸甚です。
(当然、当方からの一方的な情報故、他課員からの情報なしには客観的にはコメント難しいとは思いますが、宜しくお願い致します。

敬具
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

お辛い状況の中、ご質問ありがとうございます。社会保険労務士のremember2012と申します。

それでは回答させていただきます。

ご質問者様もご存じとは思いますが、パワハラに関しては先日、厚生労働省から定義が発表されたばかりで問題解決に向けての取り組みはまだまだこれからの段階であります。

 

【パワハラ具体的行為】

1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

 

ご質問者様は上記の(5)に該当する可能性があるとは思いますが、使用者には労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする「安全配慮義務」もあります。(労働契約法第5条)

これには心身の健康も含まれます。

 

>貴方は体調不良でそれが心配。また、与える業務に関しては考慮しているが何か妙案ないかを考えている

>室長は4月1日付の全社的人事異動を考えると、現状では何も言えないし、何も行動お越しようがない

これらの会社の対応が本当に貴方の健康を気遣ってのことであれば現状をパワハラに該当すると考えるのは難しいと思います。

 

貴方が人事部育成課に異動を希望するのであれば産業医の意見が欠かせないと思いますので、上司(会社)に産業医などの客観的な立場の意見を利用し求めていくしかないと考えられます。

 

 

また、パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられていますので、ご質問の内容からですと貴方が今、パワハラを主張することは結果的に会社に居づらくなる可能性が高くなると考えられます。

 

ご質問者様のお気持ちはお察ししますが、上司(会社)から体調不良に関して心配不要と思ってもらえるよう根気強く、仕事に対する姿勢をアピールしていくことが必要だと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

例えば、当方にとって上述の処遇によりストレスが引き金となり、再度双極性障害Ⅱ型を
発症した場合はどの様に解釈されるのでしょうか?

因みに産業医にも人事部異動についての相談はしていますが、”・・・・・・さん、会社では静かにしておきましょう。辺に目立つと大変ですよ。”とのコメントをもらっており、これでは

相談相手どころか、会社側の意見としか考えようがありません。(まあ、産業医に対しての
労働対価は会社が支払っているので、そのように発言するのかもしれませんが。)

また、気長に上司の根気強くアピールしており既に5か月が過ぎていますが、通常では後

どれくらいこの様な異動願い、もしくは業務遂行命令を待てばよいのかをお教え下さい。

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

産業医の方がそのような発言をしているのですね。産業医の方がどのような意図でそのような発言をしているかは分かりませんが、立場上どうかと思います。

 

>当方にとって上述の処遇によりストレスが引き金となり、再度双極性障害Ⅱ型を
発症した場合

労災申請や会社に対して損害賠償を請求できることになりますが、もともと双極性障害Ⅱ型の発症の原因は会社にあったのでしょうか?

もともと業務外で発症した双極性障害Ⅱ型が仕事によって再発、悪化したのであればその再発、悪化の原因が業務上であるとを証明して労災申請する必要があるのですが、現実的な問題として難しいのではないでしょうか。

 

 

また、>通常では後どれくらいこの様な異動願い、もしくは業務遂行命令を待てばよいのかに関しましては貴方に対する会社側の判断となりますので一概には言えません。大変申し訳ございません。

 

あくまで個人的な意見で回答させてもらえれば9か月の長期休職やその後の時短勤務などの対応をしている会社としては長い目で従業員のことを見てくれている会社と言えるのではないでしょうか?

実際、6カ月の休職期間を経過すると自然退職とするという会社が多いです。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.

労働災害により引き起こされる、精神疾患についての知識/見解が乏しく、満足いくものではない。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

>労働上の不当な扱い(パワハラ)に該当するか否かをお教え頂ければ幸甚です

 

このようなご質問だったのでそれに対して回答させていただいたのですが、質問内容がずれてきていると思います。

 

初回の質問に対するの私の回答に納得ができないのであれば構いませんが、質問内容を変え、双極性障害Ⅱ型に関してより詳しい回答を求めるのであれば、一度質問を閉鎖し、新たな質問をしていただくようお願いします。

 

 

remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 社会保険労務士
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

専門家がオプトアウトされたので、変わって回答します。

 

会社は貴方が出社しているにも関わらず何も業務をさせていないというのは、体調のことを考えたとしてもちょっと行き過ぎである行為ではないかと考えます。

 

会社が貴方が退職する目的で仕事を与えない行為であるならば、不当な行為であると考えます。

 

会社の人事や産業医には相談されているようですが、改善されないとのことなので、一度貴方の主治医に相談して、貴方が希望する業務を行っても体調は大丈夫であることの意見書等をもらい、会社に提出してみてはいかがでしょうか。

 

会社がどんな目的で貴方に仕事を与えないのが不明なためなんとも言えませんが、毎日出社しても瞑想やインターネットでニュースの閲覧等を行っているのであれば、到底業務と言えるものではないため、不当な扱いである可能性は高いと考えます。

 

会社は貴方を復職させている時点で体調が回復していると判断していると考えられるため、まったく仕事を与えていないことは不当であると考えます。

 

主治医等の意見書を提出するなどしても状況が改善されないのであれば、第3者の力を借りることになります。

 

その場合は、次の方法が考えられます。

 

① 労働局のあっせん制度を利用する。

② パワハラによる精神的被害の損害賠償請求を裁判所に起こす。

 

ただし、上記の行為は会社と争うことになるため、会社との関係が悪くなる可能性は高いので慎重に考えて行動してください。

専門家:  bengosimailme 返答済み 5 年 前.
第三の意見として情報提供します。
ご 質問者の事情説明を拝読する限り,会社は,形式上は,ご質問者様が長期で療養のための休業をされていたことも前提に,ご質問者様の体調を気遣ってこのような処遇をしていることになります。
この処遇を違法だとして争い,自己に有利な結論を導くためには,裁判にしても個別労働紛争解決手続にしても,会社側の内心が,ご質問者様への不当な扱いのためだったということを立証しなければなりませんが,それを立証することは,弁護士である小職からみて本件ではほぼ不可能であろうと思われます。

なお,直近のご回答も回答として妥当ですが(訴訟の場合の実現可能性は別として),最初に回答された方の回答も,内容的には正確かつ妥当です。回答の質に不足はありません。
質問者様としてはご自分のご希望に添う内容ではなかったと思いますが,専門家の回答として何ら不十分な点はありませんので,「回答の質」として回答の質が悪いと評価することは当サイトのシステムの濫用であると考えます。

雇用・労働 についての関連する質問