JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

先月 従業員一人解雇しました 理由は暴力団との交流 勤務時間内の使用電話 休日無断工場使用とがあり懲戒解雇にしようと

質問者の質問

先月 従業員一人解雇しました 理由は暴力団との交流 勤務時間内の使用電話 休日無断工場使用とがあり懲戒解雇にしようと思ったのですがまだわかいので改善できればと相談したところ無理との回答でしたので当社占め日が20日のため来月20日で退職ねがいました 通告日は前月末です その後連合ユニオンから不当解雇との連絡があり困っています どうしたら良いでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士のremember2012と申します。

回答させていただきます。

従業員を懲戒解雇するのであれば就業規則にその理由が記載されていることが前提で、またその理由が解雇するほどの理由であることが必要です。

(客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は解雇無効)

例えば、長期による無断欠勤、横領、会社の重大な秘密の漏洩、経歴詐称などです。

連合ユニオンは上記の要件を満たさないために不当解雇を主張しているのではないかと思います。

連合ユニオンは不当解雇により何を求めているのでしょうか?

通常は不当解雇を主張するのであれば従業員の復職を求めているのだと思います。

そうであればご質問者様もその従業員の方の改善を期待されていたと思いますので、復職にあたって、従業員の暴力団との交流、勤務時間内の私用電話、休日無断工場使用などに関する懲戒処分を就業規則に定められてはいかがでしょうか?

それでも従業員が同じようなことを繰返すのであれば始末書などの証拠をこまめに残しておき、懲戒解雇するのであれば不当解雇を主張されることはないと考えられます。

一度で懲戒解雇にすることができない事由でも指導の記録や始末書などを証拠書類として残しておくことが、今回のようなケースの場合に会社側にとって非常に有利となります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

雇用予告手当て及び残業未払い分  当面の生活費の請求です 本人は復職希望はありません当社に勤務しなが他の仕事していました 労働条件月曜から土曜日9時より6時

月1回自由1日休み 残業はほとんどありませんが時間外手当として20000円支給していました

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まず、雇用予告手当は解雇予告手当のことだと思いますが、予告を前月末(1月末)にし、解雇予定日を来月20日(3月20)ということですので解雇予告手当は必要ありませんのでそのように主張してください。

また、従業員には3月20日まで労務を提供する義務があります。

もし、解雇予告を書面でしていなのであれば書面で改めてしたほうがよいでしょう。

 

また、残業代ですが法定労働時間の1日8時間、1週40時間を超えた部分については時間外労働手当が必要ですが、毎月20,000円を時間外手当として支給していたのであればその範囲内では支払う必要はありません。ただし、就業規則や労働契約書などで時間外手当について明確に記載している必要があります。

時間外手当の範囲を超える部分で従業員が証明できる時間外労働に関しては支払わざるを得ません。

 

 

当面の生活費ですが、連合ユニオン(従業員)が上記のような要求をしてくるということは解雇を受け入れるということだと思いますので、従業員の方は雇用保険からすぐに失業手当が受給できると考えられます。

もしくは従業員の方が、すでに他のお仕事をされているのであればそちらの給料も考慮したうえで生活費を交渉されるとよいでしょう。(通常1カ月~3カ月程度です)

本来であれば解雇の理由が正当なものであれば生活費などを支払う必要はありませんが、今回解雇に至るまでの経緯で不当なところがあったとすれば(就業規則上の記載なしなど)解決金のような形で支払うことになります。

その際は今後のトラブルを避けるため、退職に関する合意書を締結しておいたほうがよいでしょう。(今後一切、従業員から何も請求してこない旨定めたもの)

 

暴力団との交流 勤務時間内の使用電話 休日無断工場使用等で会社は被害を被っていないのでしょうか?

実際に被害を被っていれば損害賠償を請求することも可能です。

または、このようなことを引き合いに出し、生活費などを交渉されてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

たびたびすいません この案件は懲戒解雇にはあたいしませんか 本人はハローワークに会社都合による解雇と報告していますが 当方は改善できないとの本人の意思

でしたので少なくとも自主退社だと思います できれば懲戒解雇として処理したいのですが

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

 

ご質問の内容からですと懲戒解雇とするのは難しいと思います。

 

懲戒解雇が有効とされる判断基準として下記のことがあげられます。

 

【前提条件】

・就業規則に懲戒理由が載っている

・懲戒理由に当たる事実がある

【判断基準】

・規定の内容が客観的にみて重すぎない

(勤務時間内の私用電話で懲戒解雇は重すぎる)

・解雇するほどのことである

(指導、始末書などをとっても改善が見られない)

・過去に出勤停止や減給などの処分をしたことに対して、さらに懲戒解雇はできない。

 

>改善できればと相談したところ無理との回答でしたので当社占め日が20日のため来月20日で退職ねがいました 

ご質問者様が具体的にどのように退職を言い渡されたのかは不明ですが、このことだけで判断すると従業員にとっては解雇を言い渡されたと判断してしまいます。

 

このようなケースでは退職後にトラブルが蒸し返すことがよくありますので先の回答と重複してしまいますが、退職に関する合意書などを作成し、今後のトラブルを避けることが必要だと考えます。

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

4ヶ前に恐喝で逮捕されそ1ヶ月拘留され その後工場の無断使用のことですが暴力団の

車両autogarageーXXXXX@XXXXXX.XXX

質問者: 返答済み 5 年 前.
4ヶ月前恐喝で逮捕され 1ヶ月拘留されその後も暴力団との付き合いも止めずなおかつ 暴力団の車両を会社休日に有償にて修理しています<個人の収入>これでも値しませんか
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

返信内容のような理由であれば懲戒解雇に該当する可能性があると考えられます。

 

まずは、所轄の労働基準監督署に解雇予告除外認定(解雇予告や予告手当が不要)を申請してはいかがでしょうか?

 

 

雇用・労働 についての関連する質問