JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私は難病のパーキンソン病を患っています。職場には告知していますが色々なパワハラを受けています。どこに相談すれば良いで

解決済みの質問:

私は難病のパーキンソン病を患っています。職場には告知していますが色々なパワハラを受けています。どこに相談すれば良いですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

お辛い状況の中、ご質問ありがとうございます。社会保険労務士のremember2012と申します。

それでは回答させていただきます。

パワハラに関しては先日、厚生労働省から定義が発表されたばかりで問題解決に向けての取り組みはまだまだこれからの段階であり、現状ではパワハラそのものを裁く法律はまだありません。

しかし、パワハラが民法上の不法行為に当たると判断され、被害者が受けた精神的苦痛、身体的苦痛に対して損害賠償を請求することができます。

 

パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに不法行為が成立すると考えられています。

その判断の際にいつ、どこで、どのような内容のパワハラを受けたかのメモなどが有効になりますのでできる限りメモを取っておいてください。

 

また、使用者には労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする「安全配慮義務」があります。(労働契約法第5条) これには心身の健康も含まれます。

 

通常はそのようなメモ(パワハラの証拠となるもの)や使用者の義務を引き合いに出し、会社に改善を求めていくのですが、 すでに職場に相談しても改善が見られないのであれば外部機関に相談していくようになります。

ご質問者様がパワハラで受けた精神的被害に対して損害賠償まで求めていないのであれば地域ユニオンに加入、または労働基準監督署に総合労働相談コーナーがありますのでそちらで相談することになります。

労働局のあっせん制度(無料)の利用も検討されるとよいとおもいます。

 

しかし、外部の機関の力を借りると改善はされても結果的に会社にいづらくなる可能性がありますのでそのあたりも慎重に検討していく必要があります。

 

 

現実問題として労使関係においては圧倒的に力の差があります。その際には労働者の団結が非常に有効になります。

お一人で改善を訴えていくのは大変だと思いますので同じようなパワハラを受けている同僚などがいれば協力して改善を訴えていかれるとよいと思います。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問