JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

ある企業に就職しており(普通の会社です)、時間外労働の賃金手当について請求をしたいと思っております。話し合いの仕方に

解決済みの質問:

ある企業に就職しており(普通の会社です)、時間外労働の賃金手当について請求をしたいと思っております。話し合いの仕方により雇用主は応じてくれるとのことなので、できるだけ穏便に話を進めていこうと思っていますが、 話し合える場などはありますか?
話し合い無くして、いきなり訴えることも考えていないので,そのような場合は調停というものがあると聞いたのですが、どんなものかの概要を教えて下さいますか(どんな種類があるのかよく分かっていません、すみません。)?
話し合いがこじれることも想定していますが、社長をはじめ、会社とは話し合える見込みがありそうな様子です。今回は雇われる側の相談なのですが、第三者をまじえて話し合いたいのが希望です。よろしくおねがいします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

未払いの時間外手当について、雇用主側は応じてくれるとのことなのになぜ第3者を交えた形で話し合いを希望しているのでしょうか?

 

特に争い等になっていないのであれば、当事者で解決するのが穏便にすむと思います。

 

しかし、なんらかの理由があって、どうしても第3者を交えたいのであれば、次の方法が考えられます。

 

① 弁護士さんや特定社会保険労務士さんに依頼して間に入ってもらう。

② 労働局のあっせん制度を利用する。

③ 都道府県の社会保険労務士会等にある裁判外紛争解決機関(ADR機関)を利用する。

 

①については、専門法律家に依頼することになり、第3者とはいえないですが、法律にのっとり適切に進めていけると思います。ただし、費用はかかります。

 

②については、費用は無料で、労働局が進めるので第3者として円満な形で解決を進めていけると考えます。ただし、労働局と聞けば雇用主は、いい感じはしない可能性はあります。

 

③については、民間で国から認可された機関が紛争処理を行うので、若干の費用はかかりますが、第3者としては1番公平ではないかと考えます。

 

時間外労働に対する未払い賃金は、明らかな法違反であるため、労働基準監督署に申告すれば、雇用主は労働基準監督署より指導是正勧告され、最悪、書類送検されることもあります。

 

よって、貴方が正当な時間外手当を請求しても雇用主が応じてくれないのであれば、労働基準監督署に法違反の申告をすることも一つの方法です。

 

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問