JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

派遣社員だと、退職時の有休消化は厳しいものなのでしょうか?

解決済みの質問:

派遣社員だと、退職時の有休消化は厳しいものなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士のremember2012と申します。

回答させていただきます。

有給休暇は、労働基準法に定められた労働者の権利ですので、請求した場合は会社の都合で与えないということはできません。会社(派遣元)は「事業の正常な運営を妨げる」場合には、有給休暇の取得日を変更させることができることになっていますが(時季変更権)、ご質問者様のように退職される方は、退職日までに使わなかった有給休暇は消滅するため、会社は退職予定日までに請求通り与えなければいけません。

 

>2月中旬から引き継ぎ。有休消化の為の休みは認めない

>理由は「休みが多かったから。」

労働基準法第39条1項に使用者は雇い入れの日から起算して6カ月継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して10日の有給休暇を与えないといけないと定めてあります。(週の労働日数が4日以下、かつ週の労働時間数が30時間未満の場合はそれに応じた日数となります)

引き継ぎや休みが多くても上記の要件に該当すれば当然に有休は使用できます。

 

あくまで有休の付与義務は雇用関係にある派遣元会社にありますので派遣元会社に請求します。

このような使用者の義務を伝え、派遣元に請求しても進展がみられないようであれば労働基準監督署に申告してください。派遣元に指導、是正勧告が入ります。

会社は労働者が労働基準監督署に駆け込まれるのを非常に嫌がりますので有休請求の際に、労基署に申告すると伝えただけでも対応は変わると思います。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

ご質問者様は会社に対して具体的にどのような対応をお望みでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.
すいません。先程は操作を間違えました。

会社に対しては、有休を希望通り消化する方向にもっていきたいです。
内容証明郵便とかで、文書を送るなりした方がいいでしょうか?
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

 

労基法上に有休の請求方法の定めはありませんが、会社の決まり(就業規則)で書面で請求する必要があると定めている場合があります。

口頭での有休請求を認めている場合でも、後々のトラブルを避けるために文書で提出したほうがよいでしょう。その際、会社が受理したというサインをもらっておいたほうがよいです。内容証明郵便も有効です。

また、請求時期に関しても会社によっては「有休の請求は1週間前まで」などの定めを作っているところがありますが、過去の判例上、認められるのは前々日くらいまでです。

(請求時期も労基法上に定めはありません)

 

有給休暇は労働者としての当然の権利です。

会社が有休の取得を認めないということは許されません。

安心して請求されるとよいでしょう。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

文面としては、「有休をとる」「1月に連絡済み」「使用者義務」を盛り込んでおけば事足りるでしょうか。
ネットの文例をみてみましたが、どこをポイントにすればいいかよくわかりません。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

通常はそれぞれの会社で会社書式の有休申請書がありますのでそれに記載して提出すればよいでしょう。

なければ書式は自由ですがいつからいつまでという時期を指定し申請すれば大丈夫です。

 

「1月に連絡済み」「使用者義務」は特に申請書に記載する必要はないでしょう。

使用者が有休を認めることは当然のことなので事前に申請書を提出すれば「1月に連絡済み」「使用者義務」 のようなことは口頭で伝えておけばよいと思います。

申請書を出した後に会社の承認が必要としているところもありますが、法的には承認も必要ありません。

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問