JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

現在協力関係にある法人との関係をきちんとしたいので、いくつかその業務やそれに関する契約書を作成したいのですが、法律に

解決済みの質問:

現在協力関係にある法人との関係をきちんとしたいので、いくつかその業務やそれに関する契約書を作成したいのですが、法律に詳しくないので、間違ったことを書いているのではないかと不安になります。
どうしたらよいでしょうか。
相手と揉める可能性もありますが、今は大丈夫だと思っています。どのようにすればよいのでしょうか。
どこか窓口などありましたら、教えて下さい。お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

契約書作成段階で弁護士に相談をいただければ、曖昧な契約条項を防ぐことができます。相手と揉めてしまった場合にも、弁護士が代理人となって交渉することなどで解決する方法があります。
契約書に記載してあっても、法律に反している場合には契約条項が無効になることもあります。
そういった意味では、弁護士に相談することであらゆる危険を防ぐことができますので、直接相談されるのであればひまわり中小企業センターをご利用下さい。

ひまわりほっとダイヤル:全国共通電話番号(0570-001-240)」の電話で、弁護士との面談予約ができる窓口です。
ウェブサイトからの申込みも可能です。

こちらは日本弁護士連合会及び全国52の弁護士会が提供する、多くの中小企業経営者に利用されているサービスです。(ウェブサイトにて相談の流れをご確認ください。)
2012年3月末までは、一部の県を除く41都道府県において 初回面談30分無料相談 を実施しています。
※30分以降の相談料については,初回相談時に相談担当弁護士にお問い合わせください。


以上お答えします。

dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問