JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

パートで働く主婦ですが 上司の暴言に悩んでいます。仕事を教えて下さる社員の方に「あいつには脳みそを使う仕事は教えるな

質問者の質問

パートで働く主婦ですが 上司の暴言に悩んでいます。仕事を教えて下さる社員の方に「あいつには脳みそを使う仕事は教えるな」等 日々 言い方が違うだけで精神的屈辱を受けています。辞めてしまうのは簡単ですが 同じ被害にあっている社員の方もいるのでなんとか改善でないかと・・・ご相談させて頂きました。 (今まで何時、何を言われたかは 全てメモをとっています)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

お辛い状況のなか、ご質問ありがとうございます。

回答させていただきます。

 

ご質問の内容からパワハラに該当する可能性が高いと考えられます。

パワハラに関しては先日、厚生労働省から定義が発表されたばかりで問題解決に向けての取り組みはまだまだこれからの段階であり、現状ではパワハラそのものを裁く法律はまだありません。

しかし、パワハラが民法上の不法行為に当たると判断され、被害者が受けた精神的苦痛、身体的苦痛に対して損害賠償を請求することができます。

 

パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに不法行為が成立すると考えられています。

(その判断の際にメモは非常に有効なものとなります)

 

また、会社には労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする「安全配慮義務」があります。(労働契約法第5条)
これには心身の健康も含まれます。

 

ご質問者様が損害賠償請求までお考えでないのであれば、メモや使用者の義務を引き合いに出し、会社に改善を求めていかれるとよいでしょう。しかし、現実問題として労使関係においては圧倒的に力の差がありますので労働者個人で改善を求めるのは難しいものがあります。

同じ被害を受けている社員の方がいらっしゃるということですので協力して改善を求めるか、会社に労働組合があれば労働組合を通じ改善を求めていかれるとよいでしょう。

大抵はそのような行動に出るだけでパワハラの加害者(上司)の言動は改善されます。

それでも、改善がなければ地域ユニオンに加入、または労働基準監督署に申告するなどして外部の機関を使っていくことになります。

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。 民事裁判ともなると動力、時間 お金もかかるので正直 そこまで争う事は避けたいです。組合もないので再度 本社の総務に掛け合い それでも改善の余地が無いようなら 労働基準監督や弁護士に相談してみます。 ありがとうございました。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

頑張ってください。

いい方向に解決するようお祈りしております。

雇用・労働 についての関連する質問