JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

35歳、24時間勤務体制の工場に勤めています。 本社が手狭になり4年前に隣の市に新工場を立ち上げ当初からの工員です

解決済みの質問:

35歳、24時間勤務体制の工場に勤めています。
本社が手狭になり4年前に隣の市に新工場を立ち上げ当初からの工員です。
1年前に主任になってから3交代制勤務から日常勤務になりました。
工場立ち上げ当初からなのですが作業機械に不備があると必ず24時間処構わず電話がかかってきます。電話で指示 を仰いで事が済むことがあるのですが大半は会社に出向き調整等を行わなければなりません。
4年も経つと機械の調子もあちこち悪くなってきますので最近では毎日のように電話が掛かってきて夜も眠れず自宅待機状態で何処へも出かけられません。
機械の不具合の前兆を早期に発見し、業者に修理依頼をと上司に報告しているのですが「直せるものは自分達で直せ」と言われます。
それが積もり積もって小事が大事になり自分達ではどうにも出来ない状態になり嘆願して上司に修理依頼を報告するのですが予算が出ず結局自分達での応急処置で済ませなければならない状態が続いています。
そこで相談なのですが本来雇用契約時にはなかった作業でしかも24時間休む間もなく呼び出され、それに加えて昼間の肉体労働をこなさなければならない。それでいて給料は入社当時のまま。この状態が1年以上続いています。
労働監督的には大丈夫なのでしょうか?
精神的にも肉体的にも限界が来ています。
上司に改善を要求しても通らない状態です。
会社を訴えるとまではいかないにしろそれ相応の対応、対処と改善を要求したいのです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。回答させていただきます。

 

労働基準法でいう労働時間とは使用者の管理、監督下にある時間の事をいい、労働契約、就業規則等の定めのいかんにより決定されるものではありません。

 

>電話が掛かってきて夜も眠れず自宅待機状態で何処へも出かけられません。

この状態を会社から強制されている場合は労働時間となります。

>会社に出向き調整等を行わなければなりません。

当然に労働時間となります。

 

また、 会社は1日8時間、1週40時間を超える労働に対しては時間外手当を支払わなければいけません。

 

>精神的にも肉体的にも限界が来ています

会社には、従業員の健康に配慮して、従業員の従事する作業を適切に管理する安全配慮義務というものがあります。

 

入社時の労働条件を変更するには労働者の合意が必要です。

会社が労働条件を一方的に不利益変更をするのは労働契約法違反となります。

 

現実問題として労使関係においては圧倒的に力の差があります。労働者個人で交渉を進めるのは難しいものがありますので労働者の団結によらざるを得ません。

同僚など、信頼のできる仲間と協力して改善を訴えるか、会社に労働組合があれば労働組合を通じ交渉していかれるとよいでしょう。

それでも、改善がなければ地域ユニオンに加入、または労働基準監督署に申告することになります。しかし、外部の機関の力を借りると改善はされても結果的に会社にいづらくなる可能性がありますので最終的な方法と考えたほうがよいでしょう。

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問