JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

退職する際に、同業他社への転職を一年間禁止というような内容の誓約書にサインさせられたのですが、これは有効なのでしょう

解決済みの質問:

退職する際に、同業他社への転職を一年間禁止というような内容の誓約書にサインさせられたのですが、これは有効なのでしょうか?労働の自由を冒すものだと思うのですが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。回答させていただきます。

 

競業避止義務に関する誓約書だと考えられます。

競業避止義務とは使用者と競合する企業に就職したり、自らそのような企業を設立、運営したりしない義務をいいます。

 

労働者は退職後は在職中に知り得た知識やノウハウを利用して転職活動をすることができる職業選択の自由が憲法に定められています。

しかし、過去の判例からは退職後の業務の内容、使用者が競業行為を禁止する必要性、労働者の従前の地位・職務内容、競業行為禁止の期間や地理的範囲、金銭の支払いなど代償措置の有無や内容などを勘案し合理的な必要最小限のものであれば認められるとされています。

つまり、ご質問者様が会社の一部のものしか知らない秘密の情報を扱っていた場合や、他の一般社員とは異なる特別の業務を行っていたかが問題となります。

一般的な社員としてお勤めであったのならば同業他社への転職を禁止することは許されないとされています。

 

退職される時にそのような地位や職務内容でなければ誓約書にサインをしていても無効を主張できます。

 

 

 

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問