JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

鬱病での労災の申請ですが、時効が2年ですが、労災認定は初回の診断時前の出来事で判断されます。私の場合3年前ですがその

解決済みの質問:

鬱病での労災の申請ですが、時効が2年ですが、労災認定は初回の診断時前の出来事で判断されます。私の場合3年前ですがその時は労災に関する知識もなくかつ症状も軽かったため、特に気にしていませんでした。しかしその後3年の間に退職勧奨、左遷等があり悪化してきて、医師からは休むように勧められていますが健康保険からです傷病手当の6割では生活ができません。労災の8割は必要です。何か申請に対して方法があればご指導ください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

当初の診断時では、労災認定を受けられそうだったのでしょうか?

 

当初の診断時には労災認定されるほどでもなかったが、その後会社からの退職勧奨や左遷等の会社からの心理的負荷がかかりその要因が大きかったことが症状を悪化させたとあれば、労災認定される可能性はあります。

 

まともに行けば、労働基準監督署は認定しない可能性が大きいため、弁護士や社労士さんの力が必要だと思われます。

 

あとは、医師と相談して、当初の診断時での労災申請を行い、時効になった部分の療養補償給付や休業補償給付は受給できませんが、時効になってない部分及び今後の受給をできるようにするのも一つの方法です。

 

ただし、健康保険の傷病手当金の返還を求められる可能性もあります。

もし、返還を求められたら、会社に安全配慮義務違反による損害賠償を求めていくことになると考えます。

 

このケースでは、いろんな証拠書類をそろえる必要があるため、協力してくれる専門家に依頼する事をお勧めします。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問