JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

退職勧奨の退職届けの書き方を教えてください

質問者の質問

退職勧奨の退職届けの書き方を教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。回答させていただきます。

 

ご質問者様が退職勧奨を受け入れて退職される場合には退職届は出さないほうがよいと思います。

後々、会社は自己都合で退職したと主張する可能性があるからです。

 

代わりに退職勧奨によって退職することを記載した「退職に関する合意書」を締結しておくことをお勧めいたします。

 

 

もしくは今回の退職は就業規則に「休職期間が満了しても復職出来ない場合は自然退職となる」のような定めがあり、その定めに従った退職なのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

あくまでも退職勧奨を認めての事項を記載する「離職表」との事でした。その場合でも一身上の都合によりと書いてくるようにと言われましたが,後でいざこざになるのはいやなので、その場合の注意すべき点など教えてください

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

離職票は事業主が記入するのですが「一身上の都合により」と書くとハローワークで自己都合退職と判断されます。ハローワークで質問者様がその点を指摘すると会社に問い合わせをします。そこで会社が退職勧奨と認めれば問題はないのですが、退職届にも「一身上の都合により」と書くと自己都合と主張する可能性があります。

 

よって、先ほどの回答と重複してしまいますが、退職届ではなく「退職勧奨に関する合意書」を締結したほうがよいと思います。

 

どうしても、退職届を出さないといけないというのであれば退職理由の欄に「会社からの退職勧奨による退職」と記入すればよいでしょう。

 

 

 

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問に回答させていただいたのですがご確認していただけましたでしょうか?

 

回答内容にご不明な点あればご返信にてご指摘ください。

雇用・労働 についての関連する質問