JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 410
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

今月、退職の申し出をしたら、突然クビを切られました。 そのことで、質問させて頂きたいと思います。 長くなりますが

質問者の質問

今月、退職の申し出をしたら、突然クビを切られました。
そのことで、質問させて頂きたいと思います。
長くなりますが、申し訳ありません。

今月1月17日に、勤務先のクリニックに「3月20日か末日で退職したい」と申し出ました。
以前より、転職(病院)したいと思っておりましたが、、
勤務先のクリニックには就業規則や労働契約書もなかったので、
以前に、経営者である院長が「2か月前に申し出るように」と言われたのを思い出し、1月に申し出ました。
ところが、院長からは「3か月前に言うように言った」と言われ、3月での退職はすぐには返事ができないと いわれました。
実は、転職先には引き継ぎの関係もあり(勤務先のクリニックでは有休は取れず、人数もギリギリの為、取得すると怒られるか有休の理由を説明しなければなりませんでしたので、有休消化は無理です)、院長に「午前中は休みたいので、2、3月とパート扱いにして欲しい」とお願いしたところ、「パート扱いは無理だが、有休のような形なら良い」と言われ、1月27、30、31日の午前中に休みをもらいました。
そうしたら、1月25日に院長夫人(共同経営者)より、「1月26日付で仕事を終了にしてもらいたい」と言われました。
そして、保険証を1月30日付(何故、31日ではダメなのかわかりませんが・・・)とされ、本日、保険証と制服をを返却に行きました。
とろこが、給料が21日~25日までの5日分(給料は、20日〆の27日払いです)しかなく、
よくネットで見かける「即解雇の場合は1か月の平均賃金」がありませんでした。
20日迄の給料分は頂いていいます。
私自身が退職の意思があった場合は、特に事業主から突然クビを言い渡されても、特に問題はないのでしょうか。私も、午前中は休みが欲しいと、確かに無理なお願いもしましたが。。。
次の転職先も決まっているので、確かに私自身、何か困っている状態ではないのですが、こういう突然クビを言い渡すことができるのか(勤務先のクリニックでは、この手のクビの方が今迄に何人もいます)疑問に思い質問させていただきました。

なお、退職理由を正直に明かすと、即刻クビを切られるので(私の同僚が転職したいと申し出てクビを切られました)、自分の夢の為、勉強がしたいので辞めたいと伝えてあります。
結果的には、私も同じようにクビを切られましたが(笑)

長々と申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

大変な状況の中、御相談頂きまして感謝しております。

 

文面を拝見しましたが、この病院は多数のかつ重大な労働基準法違反を犯していますね‥

 

一つずつ挙げていきますと、

・就業規則が無い(労働基準法89条違反:但し、常時従業員10人以上の場合に限ります)

・労働契約書による労働条件の明示が無い(労働基準法第15条違反)

・希望があっても有休を与えない(労働基準法第39条違反)

・解雇予告手当が支給されない(労働基準法第20条違反)

といったところです。(※恐らくは、これ以外でも違法またはそれに近い行為を数多くされている可能性が高いものと思われます。)

 

「私自身が退職の意思があった場合は、特に事業主から突然クビを言い渡されても、特に問題はないのでしょうか」との事ですが、貴方の退職条件は「3月20日か末」だったはずですし、加えて実際に退職は承認されていませんので、これは会社都合による解雇に他なりません。従いまして、解雇予告手当も貰えます。また解雇措置自体も一方的なやり方ですので、過去の案件も含めまして解雇権の濫用として無効と判断される可能性が高いでしょうが、労働基準監督署で解雇適否の判断までは通常行われません。

 

転職先も決まっているということですので、遠慮なく労働基準監督署に労働基準法違反として申告されるとよいでしょう。文面の内容が事実であるとすれば、監督署より是正勧告を受けることは必至といえます。

雇用・労働 についての関連する質問