JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

初めて質問をさせていただきます。退職に当たり『引継』が不十分と会社が判断した場合に、懲戒免職になることはありますか。

解決済みの質問:

初めて質問をさせていただきます。退職に当たり『引継』が不十分と会社が判断した場合に、懲戒免職になることはありますか。また、『充分な引継』に定義などはありますか。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
退職に当たり引継ぎとのことですが、法律上は、特に決まりはありません。
この場合は、会社の就業規則に記載がある通りでしょう。

会社の就業規則によっては、退職金の減額などを定めている場合がありますから、まずは就業規則の内容を確認しましょう。

充分な引継ぎの定義もありませんから、会社との話し合いによります。
仮に引継ぎが不十分であっても、懲戒免職となった時は、逆に不当解雇で争うことが可能でしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
早速に回答いただきありがとうございます。
就業規則を再度確認いたしますが、仮に就業規則上に引継の定めがあった場合に、それは有効となりますか。
労働者が不慮の事故や自殺をした場合には、引継どころではないと思うのですが。。。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
「労働者が不慮の事故や自殺をした場合」などは、引継ぎができないのは当然ですが、自己都合退職の場合は、引継ぎは可能ですよね。
ようは、退職理由によってケースバイケースということです。

懲戒免職は、厳しすぎるので無効になるとは思いますが、私が作る就業規則では、引継ぎをきちんとしない場合は、退職金を減額することがあるとしていますよ。

あくまでも会社側の退職者への牽制の意味も込めて作る訳です。労働者から不服が出て裁判などになった時には、理由によっては会社が負けることもあるでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問