JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

はじめまして。マサキと申します。よろしくお願いします。 私は市役所に勤めていましたが昨年一杯で退職いたしました

解決済みの質問:

はじめまして。マサキと申します。よろしくお願いします。

私は市役所に勤めていましたが昨年一杯で退職いたしました。元々精神科に通院していましたが、3年前に配属された課の上司と折り合いが悪 くうつ病を発症し休職しました。今年の9月から11月に掛けて職場復帰を試み復帰するために必ずやらなくてはいけない復帰訓練をしましたが、その際上司から受けた事に問題がなかったかお教え願いたいと思います。

その課は私を含め5人の職員がいますがそのうち1人が課長で2人が課長補佐、残りが係員です。訓練中に受けたことは、課長補佐のうち一人(男性)は質問をしても答えてくれず、一度は質問をしたら怒鳴りつけられた事があります。その時はこちらがなぜ質問したかも分かっていなかったと思います。また、普段から全くコミュニケーションを取ることをしないのに、私の私物が気に入らなかったらしく文句を言われたことがあります。また、別の失敗をした際に怒鳴りつけられた事もありましたが、私以外の職員に感情をあらわにするところを見たことがありません。

もう一人の課長補佐(女性)は、私の声が大きいことが気に入らなかったらしく、「自分の仕事に集中できない」「耳障りだ」などと言われました。また、あることについて厳しく指摘を受けたとき、それについて事情説明をしたところ再度全く同じ指摘が来たので困った顔をしていると「その目は何だ」と言われました。また、他の課長補佐から怒鳴られた事に関し更にその人が怒ってきたり、そのことについてかなり時間がたってから再度怒ってきた事もありました。やる気がないと決め付けられたことや、指示を連絡なしに変えてそれについて起こられたこともあります。

課長には、「3年間休んで復帰させてください、なんて甘いんじゃねぇの」「福利厚生担当の面談で丸く収まると思ったら大間違いだ。面談じゃあ自分の都合のいいことばっかり言いやがって」「今の状態で復帰するなんて甘いんだよ。復帰できると思ってるのか。復帰する資格はない」「最終の面談ではクビを洗っとけ」「みんな迷惑してる」「人に言われているときになぜ不満そうな顔をするのか(本人はそのつもりはない)」など言われました。

また、復帰訓練には「復帰訓練要領」がありますが、それに添って訓練が行われたかも疑問です。

以上のようなことは、上司から受ける正当な指導の範囲なのかご教授いただきたいと思います。よろしくお願いします。

課長には、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
正当ではありません。

仕事上の指導であれば問題ないのですが、
人格攻撃に近い内容と思われます。

職場の人事の相談窓口には相談されましたか?
また、今後公的機関に訴えることはお考えでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:まだアドバイスが必要。
こんにちは。平素よりお世話になっております。

前回1月31日午前3時30分頃質問をさせていただき、すぐにご回答をいただいたのにも関わらずそのままにしてしまい大変申し訳ありませんでした。

より詳しい状況説明が必要との事でしたので再度メールを送信させていただきます。

私は平成元年4月に役所に採用されましたが、18年度に配属された部署の上司がかなりきつい態度で怒る人で合わなかったため、1年目が終わる頃人事に「とても一緒にやれないので異動させて欲しい」と頼み最後にいた部署に異動させてもらいました。ところがその課の上司とも合わず、指摘を受ける事が多くなり、そうしているうちに業務にも自信がなくなり勤務するのがつらくなってしまい、19年5月から7月まで療養休暇で休みましたが、この時は3か月で復職しましたが、その後も心身の調子はよくならず、20年10月20日から再び療養休暇で休み、そのまま21年1月20日より休職となりました。休職中は通院しながら、23年1月頃から人事課の福利厚生担当の面談を受けるなどしていました。

休職できるのは3年間で、それを過ぎると復職は出来ず退職となります。また、復職するには2~3ヶ月の職場復帰訓練を受ける必要があります。これは役所の「復帰訓練要領」に基づき休職した職場で実際の業務を行うものです。

訓練を実施するには時間的にぎりぎりでしたが、23年9月21日から11月29日まで訓練を受けました。課の職員は私以外4人ですが(課長、課長補佐2人、係員1人)課長を含め私が休職した時点でその職場にいた人はおらず、全員私が休職した後に異動して来た人です。

実際に訓練をやってみると、休職前に覚えていた事はほとんど忘れていたり新しいこともなかなか身につかなかったりで散々でした。また、私が休職している間に「役所は変わった」という事で、以前のような事は通用しないとの事もあるらしくそれについていく事が出来ませんでした。

所属課の業務は窓口業務がほとんどです。まず女性の課長補佐から「声が大き過ぎる」「地声が大きいので気を付けるように」との指摘がありました。「個人情報が他のお客様に聞こえてしまうから」という事でしたが、「自分たちが仕事に集中できない」とも言っていました。私は元々はきはきと対応や挨拶をするのが自分の持ち味だと思ってやってきて、市民などにそこを褒めてもらいモチベーションを上げていく事が多かったのでそれを封じられるのは結構きつかったのですが、気を付けていました。しかしその後も声の大きさについては再三指摘があり、普通にしゃべることも出来ないような状況だったので気持ちの面でも落ちてしまいました。それで声量を落として電話をしていたら相手から声が聞こえないので聞き返された事もありました。職場には嘱託職員がいますが、その人も結構声が大きいと思いますがその人が指摘される事はありませんでした。

また、ふさぎこんでいても調子が悪くなる一方なので少し元気を出してみようと思った事があったのですが、その日にFAXを送るよう指示されたのでそれをしている際、私は口癖で「よいしょ」と何度も言う癖があり、その日はなるべく明るくやろうと思っていたので、癖で「よいしょ、よいしょ」と言っていたところ、女性の課長補佐から「うるさい」と言われたので「すみません、余計でしたね」といったところ「耳障り」と言われました。

また以前から窓口は明るくした方がいいと考えていたので、窓口にお客様が来た時はその都度挨拶をしていましたが、男の課長補佐から「嫌な手続きに来て挨拶されたくない人もいるんだから挨拶するな」と言われ、「前からそうしていたのか」と聞かれたところ、女性の課長補佐が話に入って来て「そうだ」と答えると(女性の課長補佐とは以前他の窓口課で一緒だった事があります)「そんなの分かるじゃん」と男性の課長補佐から言われました。

別件ですが、私の所属課は支所だったのですが、掲示板に告示を画鋲で留めたり期間が過ぎたものをはがす仕事を担当していたのですが、掲示板のスペースが足りないので告示を重ねて留めざるを得ない状況でした。訓練に入った当初は画鋲を1箇所で留めてあり、これなら重なって下になっている告示もめくれば見れるな、と思っていましたが、ある日それが2点留めに留め直してありました。これでは下になっている告示が読めないなと思いましたが、2点留めでなければいけない決まりがあるのかとも思いその後は2点留めにしていました。数日後、男の課長補佐から「期限が過ぎている告示が貼ってあった」と指摘があり、その点については完全に私の失敗なので謝りました。その際、「貼り方が告示が読みづらいので工夫するように。やり方は教えなくても分かるだろう」と言われたので「貼るのには2点留めでなくてはならないのか」と質問したところ「だからそんな事を教えなくちゃいけねぇのけ」と怒鳴りつけられたのでそれ以上は話しませんでした。ただ、1点留めにしてあったものを誰かがわざわざ2点留めに直していた事もあったので、その後も留め方は2点留めにしておきました。数日後、所要で私が朝職場にいなかった日、毎朝期限の過ぎた告示をはがすのですが、その業務を女性の課長補佐がやってくれたのですが、その日私が出勤すると「なぜ告示が2点留めなのか、あれでは下になっている告示が読めない。前に○○さん(男性の課長補佐)に言われただろう」と言ってきたので、以前誰かが1点留めを2点留めに直してあった件を説明すると、もう1回全く同じ指摘を言われたので困っていると、「何、その目は」と言われたので、「目つきが悪いですか」と聞くと「悪い」と言っていました。

また別件ですが、所属課ではお客様からの申請を受けて書類を交付する業務を行いますが、交付の際間違いがないように必ず他の職員に内容確認してもらってから交付する事になっていす。また、私の窓口関係の知識が不十分なので窓口に出ないように言われていましたが、ある日窓口にお客様が来た時、私が最初に気付いたので間を持たせる事と他の職員に知らせるためもあり「こんにちは」と挨拶しましたが、他の職員が窓口に出る様子がないので自分で窓口に出て対応しました。私が窓口に出た事に対しては指摘はありませんでした。申請書類を受け取り書類を交付する際、誤って他の職員に確認してもらうのを忘れて交付してしまいました。その事を男性の課長補佐が見ていてお客様が帰った直後かなりの勢いで怒鳴られました。「すみません」と何度か言ったところ、「すみませんしか言えないのか」と言われました。女性の課長補佐は当初は気付いていませんでしたが、そのやり取りを聞いて話に入って来て「課の業務を乱す事をしないように」と言われました。この事についてはしばらく時間がたってから再度指摘があり「なぜ確認を受けなかったのか」と言われたので「普段窓口に出ないので混乱してしまった事もあるが、能力の問題だと思う」と言うと、「フン」というような表情で2~3度うなづいていました。

また女性の課長補佐は指示が変わる傾向があり、私に窓口業務を教える担当をしてくれていましたが、覚えがあまりにも悪いので当初は「土日は資料を持ち帰って勉強するように」と指示がありましたが、ある日資料を持ち帰ろうとした私を見た課長が「資料は公文書だから事務所から持ち出してはいけない」と強い口調で指摘があり、その直後女性の課長補佐が「カバンの中に資料が入っていないか」とカバンの中を確認しだしました。また、数日後にもカバンの中を見せるように言われました。

また、私は支所に掲出依頼があったポスターを掲出する事も担当していましたが、スペースがなく貼り切れなかったり期間が早過ぎるポスターを、貼る時期まで通知置場に置いておいたところ「ここに置きっ放しにしないように」と指摘があったので、置く場所がないので自分の机の周辺に置いておきましたが、前任の担当者が「個人の机周辺に置いておくと他の職員が分からないので通知置場に置くようにしていた」と話があると「通知置場に置くように」と指示が変わりました。

また、女性の課長補佐には指摘を受けた際「もっとしっかりしてよ」と言われ「すみません」と言ったところ「すみませんと言えばいいと思ってるんでしょ」と言われました。また、人手が足りなかった時窓口に出た際、その処理方法が分からず他の人に変わってもらったことがありましたが、これは私がうっかりしてしまいましたがその業務についてやり方を確認するのを忘れてしまいました。その件について指摘を受けた時「なんで確認しないのか。やる気がないからでしょ」と言われ「教えていただけますか」とお願いしましたが教えてもらえませんでした。

また男性の課長補佐は私とコミュニケーションを取る事は一切ありませんでしたが、私の私物のバッグがかなり古く汚れていたのを見て「それやめなよ」と言って来ました。

また、他の課から掲出依頼のあった比較的重要なポスターが紛失したとき、課長、課長補佐は私が亡くしたと決め付け、課長には探すように指示され3時間探しましたが結局見付かりませんでした。その時点では男性の課長補佐が担当課に電話で依頼し、代わりのポスターをもらえる事になっていたようです。
議会資料がなくなった事もあり課長には「お前が来るまでこんな事はなかった」と言われました。

訓練期間中何度か課長に1時間か1時間半程指摘を受けました。その際には「今の状況で復帰できると思ってるのか。今の状況で復帰するなんて甘いんだよ。復帰する資格はない。3年間休んで復帰させてくださいなんてあめえ(甘い)んじゃねえの。人事(がどう言うか)は知らねえけど。福利厚生担当の面接で丸く収まると思ったら大間違いだ。面談じゃ自分の都合のいい事ばかり言いやがって。窓口出来ないから出せない。まだまだやる事は一杯ある。出来ているつもりかもしれないが出来ていない。窓口出来ない奴はいらない。俺のところにはいらない。みんな迷惑してる。人に注意されている時不満そうな顔をする。お前の体の事はどうでもいい。(職場に)来てるんだからいいんだろうよ。(訓練最終日の訓練後をどうするかの)面談では首洗っとけ。お天とうさんは見てる。」など言われました。

訓練中は、3年間休職して穴を開けて迷惑を掛けているので、不満を言ったり逆らったりしない、仕事以外の話はこちらからはしない、など心掛け、実践できたと思います。

職場復帰訓練は「職場復帰訓練要領」に基いて行われますが、その中に「心身の故障により休職中の職員の円滑な復職を図るため、治療の一環としての職務に復帰するための訓練の実施・・・」「所属長は、訓練職員が訓練を円滑に受けることができるよう良好な職場環境の確保に努めなければならない。」などの規定がありますが、これは守られていたのでしょうか。また「任命権者は、訓練の期間中、主治医と連絡を密にし、訓練職員の心身の状態の把握に努めなければならない。」とありますが、課長が「お前の健康の事はどうでもいい」と言っていたり、主治医とは話はした事はありませんが、この点は守られていたといえるのでしょうか。

ただし、職場の人たちは訓練当初から厳しい対応だった訳ではなく、私が仕事が出来なかったり同じ失敗を何度も繰り返すなどあって、段々腹立たしくなってきたという事もあり、原因は私にもあると思います。

お尋ねの件ですが、課長や課長補佐に言われた事は人事課の課長補佐に伝えていますが、その際はこの状況ではこれ以上訓練は続けられないのでどうしたらよいか、という主旨の相談で、人事課も訓練をどうするかという事に目が向いていたと思いますので、課長たちが言った内容については特に話題になっていないと思います。ちなみに復帰訓練は残り2日のところで中止し結局昨年一杯で退職しました。

また、今後公共機関に訴える気はあるかということに関しては、自分でも納得はいっていませんし、もし正当でない対応を受けたという事になるのであればその考えはあります。

長々と失礼しました。また、返信がかなり遅くなりまして申し訳ありませんでした。詳しい状況説明とはこういうことでよろしいでしょうか。これではまだ十分ではないと思いますがよろしくお願いいたします。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

相談内容が事実であれば、職場復帰訓練としては、貴方に対する配慮がなさすぎるのではないかと思われます。

 

すでに退職をされているということですが、自分から退職を申し出て退職されたのでしょうか?

 

貴方は市役所の対応に納得がいってないとのことですが、市役所に対して何を求めていくかを明確にする必要があります。

 

① 退職は本位ではないため、職場復帰を求める。

② 上司等の職場復帰訓練について、不当な扱いを受け、精神的被害を受けたため、損害賠償を求める。

 

①についは、時間も経っており、自分から退職を申し出ていれば難しいのではないかと考えます。

 

②については、市に対して職場環境配慮義務違反等に対して損害賠償請求等を裁判所に訴訟を起こしていくことになるので、弁護士に依頼していくことになると考えます。

 

相談内容のケースからして、市役所の上司等の行為が不当であるかは裁判でないと白黒はっきりつけられないと考えます。

 

しかし、裁判は費用もかかり、貴方の精神的、身体的にも負担は大きいと思われるので、慎重に考えたうえで行動を起こされたほうがいいと思います。

 

なによりも、自分の体調を一番に考えて行動されることを望みます。

hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験: 4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問