JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

平成2年に、アルバイト中に右目眼球破裂・眼球癆のけがをし、1つの大学病院で、同じ医師に診察を受けていました。途中、労

質問者の質問

平成2年に、アルバイト中に右目眼球破裂・眼球癆のけがをし、1つの大学病院で、同じ医師に診察を受けていました。途中、労災はもう適用できないと労働基準監督署から話がありましたが、主治医の判断もあり、平成22年9月14日まで労災に より治療を受けてきました。平成22年9月の受診時に、監督署からの指示があり、主治医と相談した結果、一応、ここで症状固定とし、今後はアフターケアによる経過観察をしていこうとなりました。遠方の病院や仕事の都合により、平成24年1月まで、期間が空き、監督署からもらった診断書を病院に持参したところ、長年診察をしてくれていた医師が開業をしており、大学病院にはいませんでした。しかし、カルテ等の都合もあり、別の医師に診断書を記載してもらいました。郵送で返送されてきた診断書には、アフターケアについては無記入でした。今後の診察は、開業した元の医師に診てもらうよう紹介状ももらいました。右目は失明しています。さて、このまま診断書を監督署に提出した場合、アフターケアは認められるものでしょうか? 左目は、受傷時からの視力の低下はありません。2.0です。
やはり、アフターケアが必要と行ってくれた、(開業した)元々の主治医に診断書を書き直してもらうべきでしょうか? 長年かかった病院ではない病院名の医師の診断が有効とみなされるでしょうか?大学病院側は、主治医がいなくなった今、どこか消極的に思われ、あまり何度も確認する気になれません。開業医や管轄の監督署へ確認すれば良いのでしょうが、監督署の今までの対応を考えると、事前に情報や知識がないと信頼できない気がしており、先生にご相談をしようと思いました。的外れな質問でしたら、すみません。どうぞ、回答お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

アフターケアについて、医師の診断書は非常に重要な部分であるため、診断書にアフターケアのことの記載がないのであれば、診断書を書いた医師に再度、アフターケアの必要性についての記載を相談し、再確認したほうがいいと思います。

 

労働基準監督署も基本的には書面による審査になるので、診断書にアフターケアの必要性についての記載がなければ認められない可能性もあると思います。

 

開業した以前の主治医に診断書を書いてもらう場合には、いままで受診していた病院とは違うため、労働基準監督署に事情を説明し、違う病院の診断書でもいいか確認をしてください。

 

また、病院の治療による労災給付のうち、療養補償給付は受けていると思われますが、治療中のアルバイトの休業等に関する補償として、休業補償給付は受けていますか?

 

そして、症状が固定と判断されているので、障害補償給付を受給できる可能性もあると考えます。

 

もし、休業補償給付及び障害補償給付を受給していないのであれば、これは労働基準監督署に相談してみてください。

 

診断書については、開業している以前の主治医が信頼できるのであれば、その医師にアフターケアの必要性に関する診断書を書いてもらうほうがいいと考えます。

 

雇用・労働 についての関連する質問