JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

処遇制度が改定され、給料(年俸)が三年間は同等でしたが今年降格になり410万から330万に下がりました。理由は年間予

解決済みの質問:

処遇制度が改定され、給料(年俸)が三年間は同等でしたが今年降格になり410万から330万に下がりました。理由は年間予算が未達成と社員育成の落度と評価されたことです。内容はともかくいきなり80万円も下げられる
ことに生活に支障を来すこととなり、この金額が正当なのかどうか疑問でなりません。下げ幅に上限は有るのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。回答させていただきます。

 

まず、「降格」に伴い賃金を切り下げるには原則としてその根拠となる就業規則の規定が必要と解されています。

よって、就業規則を確認していただくことが前提となります。

しかし、「下げ幅に上限は有るのでしょうか?」というご質問に対しての回答は「法律上に下げ幅の上限は規定されていません」ということになります。

 

一方、業績低下による懲戒処分としての降格である場合、懲戒処分の有効要件を満たしていることが必要であり、この有効要件を満たしていない懲戒処分は無効となり、それに連動した賃金減額も無効とされています。

ここでいう有効要件とは降格による賃金減額の額がその程度に照らして相当なものであるかどうかです。

 

>いきなり80万円も下げられる

会社から降格による賃金減額についてしっかりとした根拠、説明は必要であるとされています。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問