JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

主人の会社は、就業時間は8:30~17:00なのですが、営業だけ暗黙の了解で7:00過ぎには全員出社、9:00過ぎに

解決済みの質問:

主人の会社は、就業時間は8:30~17:00なのですが、営業だけ暗黙の了解で7:00過ぎには全員出社、9:00過ぎには会社を出発し、外回りをして自宅に直帰、帰宅後会社のパソコンで膨大な事務処理、上司への報告をしなければならず、主人 は深夜2:00、3:00まで仕事をしております。土日も報告業務、資料作成などが膨大にあります。もちろん営業手当のみで残業代、在宅業務などの手当は出ません。もちろんタイムカードもありません。主人も最近働き過ぎか、元気もなく、アトピーも出たりと心配でなりません。1歳の子供がいますが、私もフルタイムで働いており、家事・育児は全部一人でこなしています。労働基準監督署などに相談して是正されるものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。回答させていただきます。

 

労働基準法に「実労働時間」について明確な定めはありませんが、過去の判例から労働時間とは「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいう」とされています。

使用者の指揮命令下に置かれていることが客観的に判断されれば労働契約、就業規則などの定めは関係ありません。

 

暗黙の了解であっても7:00過ぎに出社し使用者の管理・監督のもとに置かれているのであれば労働時間と考えられます。

(たとえ実際に仕事をしていなくてもです)

また、帰宅後の作業も上司への報告を義務付けられているのであれば当然に使用者の管理・監督のもとのあると考えられます。

 

タイムカードがないのであれば、労働契約書、就業規則、給与明細、いつからいつまで働いたなどのメモ書きなどを用意して労基署に申告することになります。

労基署から会社に是正勧告が入り、残業代も請求できます。

(残業代請求の時効は2年間ですので2年前までさかのぼって請求できることになります)

 

会社は労基署に申告したものを探し出し、結果的に会社に居づらくなる場合があるのですが、営業社員全員がこのような状況の下、勤務されているのであれば特定されるのは難しいのではないでしょうか。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問