JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

育児休業で2月に復帰予定です。 12月28日に復帰についての相談のためアポを取り職場に伺ったところ、異動の話があり

質問者の質問

育児休業で2月に復帰予定です。
12月28日に復帰についての相談のためアポを取り職場に伺ったところ、異動の話がありました。
保育所の関係で休日出勤が出来ないことを伝えると、同じ職種のものがほかにいるので問題ないとのこと。
持ち帰り検討し、1月4日にOKで返答。その際、現在の契約内容再確認で伝えました。
職場は基本9時から18時勤務なのですが、私の今の契約は9時から17時勤務であること。
週4日勤務であることなどです。
1月5日に職場の人事担当より電話があり、異動先は常勤(9時から18時、週5日勤務)が希望とのこと。
勤務時間と日数については異動先と人事担当で話をしてみますとのことでした。
その後なかなか連絡ありませんでしたが1月17日か18日頃異動予定先より電 話があり、復帰前に一度勤務について話がしたいとのことで21日に異動予定先に伺いました。
異動予定先との話では、勤務時間9時から17時は無理であるとのこと。17時半であれば何とか調整がつくとのこと。
休日出勤についてはまったく出来ないのは困るとのこと。
週4日とのことだが、保育所は年末早くから休みがあるので消化できないのではないか?やはり、年末年始も交代制なので出勤してもらわないと困るとのことでした。
私の返事としては、9時から17時半の勤務なら何とか調整できそうですが、休日出勤については休日子供を預ける保育所もなく、主人も仕事で、姑も少し離れたところに住んでいるので無理とのことでお返事しました。
異動先の方からは、休日不可なら契約内容も変更必要なので今回の結果含め人事担当に伝えておきます。
こちらとしては常勤の人がくると聞いていたので、休日不可も含めて再検討してみます。とのことでした。

一応2月1日に復帰予定で職場に復帰届けも提出しているのですが、その後何も連絡がありません。
週明けに復帰予定だった場所へは一度電話してみようとは思っているのですが、このまま異動保留のまま放置された場合はどうすればよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.
回答させて頂きます。

育児に関しては育児休業法の適用があり
一歳から三歳に達するまでの子の養育について
育休に準ずる措置や
時間短縮に準ずる措置を講じる義務が
あります。育児休業法23条
また、育児休業をとった事で
不当な扱いをすることも禁止 しています。
まずはお話しあいとは思いますが、
どうしてもお困りであれば
都道府県労働局の中に雇用均等室という
部署があり、法律にそった助言をしてくれたり
ある程度の法律問題で紛争になっている
場合には調停もやっていますので
力になってくれると思います。

以上、お役に立てば幸いでございます。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

 

貴方の会社に育児休業に関するルールとして、育児休業規程等はありますか?

あれば、基本的にはそのルールに従うことになります。

 

今回は、職場復帰に際して、職場が異動になるとのことで、さらに労働条件が変更されるとのことですが、貴方としては異動は受け入れるが、勤務時間の9:00~17:00、残業、休日出勤は無しというのはゆずれないとのことでしょうか?

 

会社は、労働条件について、一方的に不利益な変更は原則できないことになっています。

 

よって、復帰前の労働条件の変更が貴方にとって不利益であれば、拒否をしてください。

 

そして、残業や休日出勤についても、貴方が請求すれば免除することを育児休業法で義務付けているので、請求しても会社が要求してくるならば、違法となります。

 

また、育児休業をとったことで会社が貴方を解雇することも禁じられています。

 

2月1日までで貴方がやれることですが、担当者と連絡をなるべく取って回答を引き出すようにしてください。

 

それでも回答を得られなければ、復帰前の部署に出社し、回答を要求することも一つの方法であると考えます。

 

会社の内部で解決しないときは、いままでの会社とのやりとりをメモでもいいので記録しておくことをお勧めします。

そして、最終的には労働局の雇用均等室等の第3者に協力してもらうことになります。

hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験: 4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問