JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

自己都合退職を会社都合に変更してもらえるか

解決済みの質問:

昨年、12/15付で退職しました。
経理財務担当で、9年と9ヶ月勤続しましたが、極度のストレスで目の網膜に穴があき事務職を断念せざるを得ない状態でした。
円満退職にしようと自ら自己都合での退職にしましたが、私が退職して1ヶ月もしないうちに、会社の継続が難しくなったので会社都合にするから早期退職希望者は申し出る様に と通達があった様です。
5月の決算まで居なくても、引き継いだ2人の社員とは電話で対応して行く事とし、経費がかからない様 12月で退職した私の好意を踏みにじる社長の行動に我慢出来ず、社長に問い合わせてみたところ、
私が辞めた後 お正月休みに判断した事だと 言い張ります。
でも 私が辞めて直ぐに、会社の資産を名義変更し個人の所有にしてる事や、
早期退職者が最悪 全員であった場合 倒産も考えている と言った事、
まだ無借金であるにも関わらず 先に 人員を整理しようと思っている事、
こんな事を私が辞めてから考えたとは思えなく、明らかに計画性があると思い、私の自己都合退職を会社都合に変更してもらう事を要求したいのですが。
決算まで在職しているように協力します という私の気持ちは十分に分かっていながら、あまりにも矛盾している行動に腹立たしくて仕方ありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

 

貴方は12月15日付で退職したとのことですが、退職した後も業務等の引き継ぎのためなんらかのかかわりをしているのでしょうか?

 

貴方がやれる可能性があることとしては次のことが考えられます。

①退職日は12月15日だがその後も業務の引き継ぎを行っていたとして、退職日を変更してもらい、再度、真の退職日を決めて退職の手続きをとる

②極度のストレスによる目の傷病について、業務上によるものが原因であるならば、労災申請をし、さらに会社に損害賠償請求をする。

 

①については、業務の引き継ぎ等に対する給与も請求できる可能性はあるのではないかと考えます。

 

すでに自分から退職届を提出し退職しているのであれば、①を行うのは容易ではないと思いますが、貴方がどうしても納得ができないのであれば、やってみる価値はあると思います。

 

また、自己都合から会社都合に変更するには、会社が貴方が退職したときにすでに会社運営の継続が難しかったことをハローワークで申し立ててみてください。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問