JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

定年退職の退職日について。 今年の9月6日で60歳となりますが、先日に3月で退職してほしいとの勧告がありました。関

解決済みの質問:

定年退職の退職日について。
今年の9月6日で60歳となりますが、先日に3月で退職してほしいとの勧告がありました。関係サイトで確認した処9月5日以前は違法と記載されていました。どんな対応策があるものか?
宜しくお願い致します。
名古屋市 水野
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
現在の状況は、会社があなたに対して労働契約の解除を申し込んでいる退職勧奨という状態です。これは会社からのお願いなので、あなたにその気がなければはっきりと断ることが重要です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
断った場合は誕生日前日が退職日となりますか?
定年延長法改正(H18年4月〜62歳定年が義務化〜段階的に65歳へ)
現在H22年4月〜H25年3月までは64歳定年が雇用確保措置年齢との記載もありましたが?
質問者: 返答済み 5 年 前.
断った場合は誕生日前日が退職日となりますか?
定年延長法改正(H18年4月〜62歳定年が義務化〜段階的に65歳へ)
現在H22年4月〜H25年3月までは64歳定年が雇用確保措置年齢との記載もありましたが?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
通常定年は、就業規則に定めれています。(60歳定年が多いです。)
そのため今の退職勧奨を断った場合には、就業規則で定められている日までとなるでしょう。

定年後の継続雇用は高年齢者雇用安定法で定められていますが、定年は60歳でも違法ではありません。その後ご存知の通りの年齢まで雇用を延長する必要があります。但し、これも穴がありまして、労使協定で対象者を決めることが可能となっており、必ずしも全員が対象となる訳ではないというのが現状です。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問