JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

dresquire先生 主人の会社で行われる可能性がある、「競争性のない随意契約の削減」について教えて下さい。「競

解決済みの質問:

dresquire先生
主人の会社で行われる可能性がある、「競争性のない随意契約の削減」について教えて下さい。「競争性のある契約のうち一者応札・一者応募となった契約について点検・見直しを行い、契約の条件、契約手続き等を見直す必要があるものがある。」というものなのですが、具体的にはどのような見直し策がとられるのでしょうか?「競争性のない随意契約の削減」を何をして、削減するのかを知りたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
お答えしますね。

随意契約の一者応札・一者応募については、見直し計画の達成へ向けた以下のような具体的取り組みがされていて、競争性の確保に努めることを目標としているようです。
これは、実質的な競争原理が働いていない事業が見受けられるため、実質的な競争性を確保するための取組みを行うこととした内容です。

1)公告期間の十分な確保
現在、休日も含めて10日以上としている公告期間について、過去に一者応 札・応募となった契約で引き続き同様の結果が想定されるもの、及び、新規の案 件であって応札者が少数であると見込まれるものは、原則として、休日を除いて 10日間以上の公告期間を確保する。
(2)業務等準備期間の十分な確保 一者応札・応募となっている契約については、業務内容等に応じ、契約(落札決定)後の準備期間を考慮したうえで契約期間等を設定し、また、年度当初から業務が開始されるものについては、落札決定から業務等開始までに十分な期間が 設けられるよう入札実施時期を設定する。
(3)仕様書内容の見直し 仕様書内容について、理解しやすい仕様内容となっているか引き続き検討する。
(4)今後の契約において、業務の性質上可能と判断されるものは、賃貸借契約と保守契約を一体で契約することなどを検討する。

その他、引き続き実質的な競争性を阻害している要因の把握・分析を行い、改善策について検討を行うこととされています。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問