JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

介護施設に勤務して2年6ヶ月になります。送迎等で朝7:15から勤務し、退社時間は6時です。宿直の日も、朝7:15に出

質問者の質問

介護施設に勤務して2年6ヶ月になります。送迎等で朝7:15から勤務し、退社時間は6時です。宿直の日も、朝7:15に出勤し、退社時間は翌朝10:30分ごろです。宿直手当は、1回3200円、残業手当ては、月13時間程度しか支払ってくれません。タイムカードをありません。労働違反でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。回答させていただきます。

 

労働基準法では法定労働時間を1日8時間、1週間40時間と決めています。これらの時間を超えて働く時間は時間外労働として割増賃金の対象となります。

(労働基準法第36条、第37条)

 

しかし、仕事内容によって労働時間・休憩・休日の適用が除外されるものがあります。

宿直勤務の方によくあてはまるもので労働基準法41条の「監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの」については、労働時間、休憩及び休日に関する規定は適用しないとあります。

【監視労働】...原則として一定の部署にあって監視するのを本来の業務とし、状態として身体または精神的緊張のすくないもの。

【断続的労働】...実作業が間歇的に行われて休憩時間は少ないが手持ち時間が多いもの。

 

しかし、勤務実態が上記に当てはまる場合であっても労基署に届出をせず、許可を受けていなければ認められません。

よって、まず、お勤め先が労基署に労働時間規制適用除外の許可を受けているかどうかが問題となります。

また、許可を受け、宿直手当が払われていたとしても緊急事態等により具体的な業務が発生した場合は、時間外労働・深夜労働が発生したとして割増賃金の請求はできると考えられています。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

近くの労基署に労働時間規制適用除外の許可を受けているかどうか確認致します。

時間外の請求を求めても認めてもらえないのですが。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

あくまで私の経験上ですが、使用者の方も労働法をよく知らない方がほとんどです。

(もちろん雇用する者として知っておかないといけませんが)

 

何故、時間外手当の請求を認めてもらえないのかはっきりした理由を求められるとよいと思います。

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

労基署に確認されるということでしたがその後、状況はいかがでしょうか?

 

雇用・労働 についての関連する質問