JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

昨年12月5日に会社から「一週間以内に退職願いを出さないとクビだ」と言われました。 やむなく1月31日付けで退職願

解決済みの質問:

昨年12月5日に会社から「一週間以内に退職願いを出さないとクビだ」と言われました。
やむなく1月31日付けで退職願いを出しました。
その後、冷静に考えるとクビになるようなことはしていないので、会社側と話し合いをしました。会社側からは誤解だったなどと理解をえられました。
また会社側は退職勧奨をしただけだという話がありました。
しかし、一度だした退職願いは取り消せないといわれました。
私は会社を辞めたくありませんがどうすればよいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
「会社から退職願いを出さないとクビだ」と言われて退職願いを出したとのことですから、その意志表示に瑕疵があったといえるでしょう。そのため取り消しや無効を主張することが可能です。
まずは、都道府県労働局のあっせんの申込をしましょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

あっせんの申し込みは早い方がいいと思うのですが、1月31日まででないと難しくなるでしょうか。

なお、このケースで退職願いが取り消しになる確率は高いでしょうか。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
特に期日などは、ありませんよ。「冷静に考えるとクビになるようなことはしていない」とのことですから、退職願いが取り消しになる可能性は高い(あるいは辞めて頂くことを前提とした解決金での解決)と思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問