JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

人材募集の内容は「30歳から 60歳まで募集」のようにしようかと思っています。このように表現することは大丈夫ですか?

解決済みの質問:

人材募集の内容は「30歳から 60歳まで募集」のようにしようかと思っています。このように表現することは大丈夫ですか?何かありましたら教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
弁護士です。お答えします。

期間の定めのない労働契約を締結することを目的としている場合であって、かつ、定年の定め
がある場合には、募集・採用において定年年齢を上限とすることは、違法にはなりません。一方、 下限年齢を定めることは、例外事由に該当しないためできません。

これまで、募集及び採用にかかる年齢制限の緩和については努力義務とされていま したが、改正雇用対策法第10条により、事業主の責務として労働者の募集及び採用 について年齢にかかわりなく均等な機会を与えるよう年齢制限が禁止されることと なりました。
また、合理的な理由があって例外的に年齢制限が認められる場合について厚生労働 省令に規定されました(雇用対策法施行規則第1条の3第1項各号)。

定年を定めている事業主が、当該定年制の対象となる労働者を募集・採用する場合には、当然に当該定年年齢を下回ることを条件とすることになることから、当該定年年齢を記載することが必要です。その場合には、高年齢者雇用安定法第18条の2第1項に基づき、求人申込書に定年の定めによる年齢制限であることを示すことが必要になります(当該定年年齢が65歳未満のものである場合に限る)。
60歳以上の高年齢者については、60歳定年を迎えて継続雇用をされずに、離職する方がいるほか、高年齢者の再就職は他の年齢層に比べて困難なことが多いことから、60歳以上の者に限って募集・採用する場合には年齢制限をすることを許容し、高年齢者の雇用を促進することとしています。

60歳以上の者に限って募集・採用する場合には年齢制限を行うことを許容するとしている趣旨は、高年齢者の雇用の促進にあります。したがって、例えば「65歳以上を募集」のように、60歳を上回る年齢を下限として募集・採用することは、高年齢者の雇用の促進という趣旨に合致することから例外事由に該当します。
dresquireをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問