JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

雇用主であって 有給休暇を 仮に買い取るとしたら その計算方法教えてください

質問者の質問

雇用主であって

有給休暇を 仮に買い取るとしたら

その計算方法教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
まずは前提条件としてですが、有給休暇の買取は原則として禁止されています。
例外として、2年の事項が成立した場合や退職時に残った有給休暇を買い取ることは可能とされています。
さて有給休暇の買取り額の計算ですが、これは特に決まりはありません。そのため会社が任意に決めることができます。
買取額として上限は実際に1日有給休暇を取得した際に支払う額となります。あとは、そこからいくら下げれば、労働者が買取を納得するかの金額が落とし所となります。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

再度

雇用主として 前回回答に

 

買取額として上限は実際に1日有給休暇を取得した際に支払う額となりますと

ありますが  雇用主として取得した際支払う金額は決めていません

 

こゆう際どうゆうふ金額出せばいいか 回答おねがいします

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
年次有給休暇の賃金の決め方には3種類あります。
  1. 平均賃金
  2. 所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金
  3. 健康保険法による標準報酬日額相当
通常は、2が多いように思いますので、詳しくご説明しますね。

1.月給制など月によって定められている場合
月給÷その月の所定労働日数

2.時間給などによって定められている場合
時間給×その日の所定労働時間

こちらに該当しない場合は、どのような給料の支払い方をされているのか教えてください。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答有難う御座います

 

2の場合 毎月支払う手当を含めたきんがくか 本給のみでよいのか

 

例 月 全てを含め手取り20万÷30日でた金額×有給日数とかですか

回答おねがいします

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

 

 

月 全てを含め手取り20万÷30日出た金額×有給日数とかですか

 

回答おねがいします

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
それでは月平均所定労働日数の求め方からお教えしますね。
1年間の労働日数=1年間の暦日数365日-1年間の休日の合計日数
1か月の月平均所定労働日数=1年間の労働日数÷12か月

給与については、手当を含めた支給額で計算します。
1日当たりの賃金=1か月の給与合計÷1か月の月平均所定労働日数
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
追加です。
有給休暇の給与=1日当たりの賃金×有給休暇日数

雇用・労働 についての関連する質問