JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

はじめまして。 今回は、不当な降級と降格についてメールで質問させて頂きます。 内容としましては、2ランク降級と役職を1つ降格の内容になります。 現在勤めている会社

質問者の質問

はじめまして。

今回は、不当な降級と降格についてメールで質問させて頂きます。

内容としましては、2ランク降級と役職を1つ降格の内容になります。

現在勤めている会社は、昇給や賞与に関して、目標シートというものを

採用しています。

前期、後期とわかれていまして、前期と後期の数字をプラスしたもので

点数によって、昇給が決まるものになります。

打ち分けてしましては、営業の売り上げ数字、全社利益、業 務目標での各項目の数字

と上司評価数字と資格取得による数字となります。

営業数字、全社数字は、前期、後期目標に対して何%達成かによって点数がつきます。

業務目標も各項目に対して点数があるのですが、明確な基準はない状態です。

ですので、言い方は悪いですが上司の気分次第て所があります。

上司評価数字も言い方は悪いですが上司の気分次第て所があります。

資格に関しては、どの資格を取得すれば何点ていう点数になります。

私は、前期に上司より提示され、総務にも上司が提出した数字が

29点でした。(前期の数字になります。)

2ランク降格のtラインが35点未満になります。

前期の時点では、2ランク降格でした。

内訳としましては、営業数字9点、全社数字10点、業務数字7点、上司評価3点

です。

自分としても、なんとか頑張って降級をしないようにと

思い、資格を取得しました。

MOS power point2007を取得し、資格点数として5点を取得しました。

ですので、34点はある状態です。

後期の営業の数値を合わせると、営業数字7点、全社数字2点で43点になります。
(業務数字、上司数字を合わせない状態で。)

ですが、上司から提示された数字は34点でした。

内訳としては、下記の数字は前期後期の合算で示しています。

営業数字16点、全社数字12点、業務数字0点、上司数字1点

資格5点の合計で34点です。

ここにきて、いきなり前期の業務点を7点⇒0 点に、上司数字を3点⇒1点に変更されています。

つまり意図的に、点数を細工し僕を2ランク降級にしようとしています。

不正行為だと思うのですが?

それにいきなり管理シートのルールまで変えようとしています。
(前期の数字は確定してないといきなりルールを変えてきました。)

総務の方も、その方から言われたのか、ルール変更をしようとしています。

もしてや、僕に対して2ランク降級1つ降格を納得するように毎日電話がかかってきます。

ですが、僕は納得ができないので、納得できませんといってるのにひつこく

迫ってきます。

点数に関して、詳細を示してくださいと言ってもとりあってくれません。

降格に関して詳細な説明もありません。

この件で非常に困っています。

どのようにしたらよろしいでしょうか?

ご返答をお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

まず、法律では人事評価等に対する決まりはありません。

 

前期の評価について、確定していた評価点を合理的な理由なく変更することは上司の権利の濫用であると考えます。

給与が評価によって決まるのであれば、評価について具体的に説明を求めるべきであると考えます。

会社や上司が貴方の給与を下げる目的で評価を下げているのであれば、労働条件の不利益変更となる可能性があり、許されることではありません。

 

貴方が上司の評価に納得できないのであれば、上司等の評価について納得するよう迫ってきても毅然として断ればいいと考えます。

 

断り続けても会社や上司が評価について承諾するよう強要してきたり、強行的に評価を下げて給与の引き下げが行われるのであれば、不当な労働条件の不利益変更によるものとして、次の方法があります。

・労働局のあっせん制度を利用する。

・裁判所の労働審判等を利用する。

 

しかし、すでに会社や上司との信頼関係が壊れかけているのであれば、このまま職場にいつづけても働きにくい環境であるかと思われますので、会社が貴方の退職が目的であるならば、退職を受け入れる代わりに金銭的なもので解決することも一つの方法ではないかと考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

上司が貴方の評価について、不正行為を行っているのであれば、上司の上役にあたる上司または総務の責任者に書面で訴えてみてはいかがでしょうか。

 

貴方の会社に労働組合はありますか?

労働組合があれば、労働組合を通して会社に訴える方法もあります。

また、なければ一人でも加入できる労働組合に加入することも一つの方法です。

 

降格に関して詳細な説明を求める方法としては、内容証明等を利用する方法もあります。

それでも説明がなく、降格をされるのであれば、先の回答にも記載したように労働局のあっせん制度の利用または裁判所の労働審判を利用して争うことになると考えます。

雇用・労働 についての関連する質問